飲食未経験から料理人になるための完全ロードマップ【2022年版】

飲食未経験から料理人になるための完全ロードマップ【2022年版】
悩める男性

将来を見据えて料理人になりたいけど、どうやったらいいんだろう?具体的な方法を知りたいな。

いつの時代も、子どもたちの将来の夢ランキングを見ると上位に入っているのが「料理人」です。

2021年に第一生命保険が発表した第32回「大人になったらなりたいもの」のアンケート結果でも、「料理人/シェフ」が男女ともにトップ10にランクインしています(小中学生が対象)。インターネットが普及し「YouTuber」や「プログラマー」のような人気の職業が増えている中でも不動の人気を誇っています。

子どもの頃の夢は心に残りやすいです。卒業後の進路を考えている学生や、転職を考えているサラリーマンの中には、” 料理人になりたい “ と考える人も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、飲食業界未経験から料理人になるためのロードマップを公開します。記事を読むことで、料理人になるための具体的な方法がわかります。

料理人のコンパス権威性
@ireiblog
お品書き

未経験から料理人になるための事前準備

未経験から料理人になるための事前準備

料理人になる方法を紹介する前に、事前に抑えて欲しいことを5つ紹介します。

飲食業界としての全体像を知らずに料理人になると、後悔や挫折する危険性が高いです。就活や転職活動をする前にしっかりと抑えてください。

料理人の適正チェックをする

料理人になりたいなら、あなたに料理人としての適性があるかをチェックしてください。適正を知らないまま料理人になると、すぐに挫折する可能性が高いです。

適正チェックとして以下の2記事を参考にしてみてください。

>> 「料理人に向いている人の5つの性格とは?チェックリストを紹介」
あなたが料理人に向いている性格なら問題ありません。自信を持って料理人を目指してください。

>> 「料理人に向いていない人の5つの性格を紹介!あなたは大丈夫?」
あなたが料理人に向いていない性格なら、意識するポイントが明確になります。

適正チェックの目的は「あなた自身を知ること」です。自身を知ることで強みや改善点が明確になります。

人間の性格は意識の積み重ねで変えられます。もしも料理人に向いていない性格でも、日頃から意識して改善できればOKです。

イレイ

飲食業界の離職率が高いのは、料理人としての適性がない人がすぐに退職するからです。

料理人の収入を把握しておく

料理人になりたいなら、どれくらいの収入が狙えるのかを把握してください。収入を知らないと理想とのギャップで挫折する可能性があります。

  • 平均年収:約330万円
  • 経験やスキルによって上がる
  • 勤務地によって収入が異なる

料理人などの職人仕事だと、「やりがいがあれば収入は関係ない!」という人も多いです。しかし、社会で生きていく上で収入は重要です。

お金の不安やストレスを抱えていると仕事にも影響します。料理人の仕事に集中するためにも、お金の不安を抱えてはいけません。

料理人の平均年収を参考にしながら、キャリア設計をしてみると良いでしょう。

>> 「料理人の平均年収とは?年代と地域ごとの相場をまとめて紹介」

飲食業界のパワハラの実態

飲食業界のパワハラの実態

料理人を目指す上でもっとも不安なのが、業界のパワハラでしょう。仕事別のイメージ調査でも、「飲食業界=パワハラがすごい」という印象は強いです。

平成20年頃までの飲食店ではパワハラが当たり前でした。パワハラをした方が見習い料理人や部下の教育が簡単だからです。

しかし近年では、飲食業界の労働環境が改善されています。飲食業界の離職率の高さが問題視されているからです。

厚生労働省の発表した「産業別入職率・離職率(令和2年)」によると、「宿泊業・飲食サービス業」の離職率は26.9%です。2位のサービス業(19.3%)、3位の生活関連サービス(18.4%)と比較しても圧倒的に高い離職率だとわかります。

離職の理由はさまざまですが、パワハラなどの労働環境が理由の離職は多いでしょう。

いまだにパワハラが残っている飲食店もあります。万が一パワハラを受けた時のためにも、対処方法を知っておきましょう。

>> 「料理人がパワハラをする3つの理由とは?被害にあった対処方法を紹介」

女性料理人が少ない理由

飲食業界全体として、女性料理人の割合は少ないです。この記事を読んでいるあなたが女性なら自分自身のために、あなたが男性なら女性料理人の境遇を知るためにも理由を把握しておきましょう。

女性料理人が少ない理由はおもに3つあります。

  • 体力的な問題
  • 身体的な変化
  • 母親との両立の難しさ

料理人として女性が劣っている訳ではありません。むしろ、女性の方が優れていることが多いです。

しかし女性料理人の難しさを理解している飲食店はまだまだ少ないです。これから料理人を目指す女性は、将来的に直面する問題を把握してください。事前に知っておくだけで心構えができます。

男性なら女性料理人への理解を持つことが重要です。女性料理人から学べることが多いので、お互いにとってメリットが大きいです。

詳しくは「女性料理人が少ない6つの理由と活躍するために必要なこととは?」で解説しています。

また、女性なら料理人としての身だしなみを理解しておきましょう。

>> 「【女性料理人の身だしなみ】メイクとアクセサリーの3つの注意点」

飲食業界のイメージを膨らませる

料理人になる前に、飲食業界のイメージを膨らませることは重要です。業界のイメージがあると、しっかりと心構えができます。

飲食店や料理人を題材とした映画やドラマが増えています。料理人目線でおすすめな作品をまとめました。

数ある料理人作品から厳選しました。知らない作品があればチェックしてください。

さまざまな視点で飲食業界を知っておくと、実際に料理人になったときの理解度が全然違います。

また、料理人の体験談をインターネットでリサーチすることも有効です。参考までに、ホテルで料理人をしていた頃の体験記事をご覧ください。

未経験から料理人になるための3つの方法

未経験から料理人になるための3つの方法

未経験から料理人になるための方法はおもに3つあります。

  • アルバイトから始める
  • 調理師専門学校を経由する
  • ハローワークや転職サービスを利用する

それぞれ特徴が異なるので、あなたの希望や状況に応じて選択してください。

飲食店アルバイトから始める

料理人になるために、飲食店アルバイトから始めるのは効率的です。アルバイトなら給料をもらいながら適正をチェックできます。

料理人という仕事に興味があるけど確信が持てない人におすすめです。数ヶ月アルバイトしてみて、楽しさややりがいを見つけたら社員になると良いでしょう。

アルバイトなら高校や大学の在学中に始められます。プロの料理人の仕事内容を間近で見られるのは貴重です。

東京都内ならアルバイト求人件数が多い「ペコリッチ」がおすすめです。面接前にタダ飯クーポンが使えたり、採用されたらお祝い金が貰えます。
>> 「飲食店バイトの求人サイト「ペコリッチ」の評判とは?【真実】」

初めてのアルバイトなら、以下の記事をチェックしてください。飲食店に採用されるためのポイントをまとめました。

>> 「【アルバイト面接の攻略法】飲食店に採用される3つの事前準備」

調理師専門学校を経由する

調理師専門学校を経由する

料理人になる方法としてもっともイメージしやすいのが調理師専門学校を経由することでしょう。調理師専門学校の特徴は以下の通りです。

  • 入学・受講にお金がかかる
  • 学校が就職をサポートしてくれる
  • 卒業すると調理師免許を取得できる

調理師専門学校は入学費や受講料がかかります。学校やコースによって異なりますが、一般的な相場は200〜300万円ほどです。

時間や費用に余裕があり、基本からじっくり学びたい人におすすめです。しかし、すぐに現場経験を積みたい人や、学費の余裕がない人にはおすすめできません。

「料理人になるには調理師学校に行かなければいけない」と勘違いされがちです。実際には、中卒や高卒で活躍している料理人はたくさんいます。

料理人の現場では、調理師専門学校卒だからと優遇されることは少ないです。学歴よりも料理人としてのスキルが重要視されます。

>> 「【暴露】料理人になるために調理師学校に行く意味がない7つの理由」

ハローワークや転職サービスを使う

料理人になるためにハローワークや転職サービスを使うのが一般的です。国や企業のサポートを受けることで、就職や転職がしやすくなります。

あなたの希望によって、以下の使い分けができます。どれも無料で利用できるので安心です。

  • 対面サポート希望:ハローワーク
  • 自分のペースで仕事探し:転職サイト
  • おすすめな飲食店を紹介:転職エージェント

ハローワークや転職サイトは、あらゆる業種を取り扱っているため個別のサポートが薄いです。飲食店探しや面接対策などは自身で行う必要があります。

料理人として採用されるためには面接対策は重要です。履歴書と職務経歴書をしっかり準備できれば、採用される確率が高まります。

>> 「料理人に採用される履歴書の書き方徹底解説!志望動機でアピールしよう」
>> 「料理人の職務経歴書の書き方とは?飲食店で採用されるコツを解説」

転職活動に自信がないなら、転職エージェントを利用しましょう。転職のプロが個別にサポートしてくれます。

飲食店に特化した転職エージェント「フーズラボ・エージェント」が人気です。飲食業界No. 1の実績があります。飲食経験があるエージェントのサポートが受けられるのも魅力です。

>> 「料理人の転職エージェント「フーズラボ」の特徴と評判・口コミまとめ」

料理人になるために身につけたい知識とスキル

料理人になるために身につけたい知識とスキル

料理人になるには、飲食店に採用されればOKです。しかし、未経験だと知識やスキルに不安を抱える人が多いでしょう。

不安を解消するために身につけておきたい知識とスキルを紹介します。

調理師免許の必要性を理解する

料理人になるなら、調理師免許の必要性を理解することは必須です。調理師免許の役割を知らないと、料理人として恥をかきます。

調理師とは、調理師免許を所有している人のことです。調理師学校の課程を修了した人や、調理師試験に合格することで取得できます。

調理師免許がなくても料理人になれます。飲食業界は実力が評価されるので、調理師免許を持っていない一流料理人も多いです。

有名ホテルや給食センターなどに転職するには、調理師免許が求められることがあります。採用条件に「調理師」を指定することがあるからです。

調理師免許の必要性については、「料理人に調理師免許は必要ないと言われる3つの理由とメリット・デメリット」で詳しく解説しています。

ちなみに、調理師免許は独学で取得できます。時間とお金を考えると、独学の方がコスパが良いです。

>> 「調理師免許は独学で取れるの?合格者がおすすめの参考書を紹介!」

一流料理人の人生を知っておく

一流料理人の人生を知っておく

料理人になる前に、一流料理人の人生を知っておきましょう。一流料理人の自伝本からは、さまざまなことが学べます。

  • 料理人としての生き方
  • 料理人としての考え方
  • 自分に重ねて道しるべにする

自伝本には一流料理人の人生が詰まっています。1冊あたり1,000〜2,000円ほどで学べるのでコスパが高いです。

実際に読んだ中でおすすめの自伝本をまとめました。読書が苦手な人でも読みやすい本ばかりです。

>> 見習い料理人におすすめの本を紹介【自伝から効率よく学ぼう】

料理人として調理スキルを身につける

料理人になるなら、調理スキルを身につけることも重要です。料理人になってから学んでも良いですが、事前に学ぶことで成長速度が速くなります

たとえば「キャベツの千切りしておいて」と指示された場合、キャベツとレタスの見分けがつかないと先輩の手間が増えます。千切りを知らないと教える時間がかかるので大きな負担になります。

最低限の知識がある状態でスタートすると意欲が伝わり、先輩料理人からも認めてもらいやすいです。

調理スキルを磨くなら、レシピ本を参考にしながら料理の練習をすると良いでしょう。食材の下処理や調理工程など、実務で活かせるスキルが学べます。

>> 見習い料理人におすすめのレシピ本5選【プロの技術を身につけよう】

また、レシピや食材を準備するのが手間なら、「オイシックス」などの調理キットを利用すると簡単です。レシピや食材がまとめて届くので便利です。

>> 見習い料理人はオイシックスを試してみよう!【スキルの幅が広がる】

補足:料理人になる前に気になること

補足:料理人になる前に気になること

補足として、料理人になる前に気になることを紹介します。不安を抱えたまま料理人になることは避けて欲しいので、ぜひチェックしてください。

料理人は出会いがないのか?

「料理人=出会いがない」というイメージを持っている人も多いでしょう。長時間労働でプライベートな時間がないと思われているからです。

実際に、異性との出会いに悩んでいる料理人はたくさんいます。しかし出会いが少ないのは料理人だけではありません。

料理人が出会うためには意欲的に行動すればOKです。

将来的に出会いが心配なら、以下の記事をご覧ください。忙しい料理人でも出会える方法を解説しています。

>> 「料理人に出会いがない理由とは?出会える方法を紹介します」

若くないと料理人になれないのか?

未経験から転職をするなら若い方が有利です。伸び代があり、安い給料で採用できるからです。

料理人も若い方が採用されやすいです。しかし30代でも以下のことを認識しておけば転職できます。

  • 挑戦の意欲を持つ
  • 前職のプライドを捨てる
  • 成長効率を考えて行動する

実際の飲食店でも30代の未経験転職者はいます。明確な目標を持って学べば、若い人よりも短期間でスキルを身につけることは可能です。

>> 【30代の未経験】料理人へ転職する際の業界事情と3つの心構え

手順が分かれば未経験でも料理人になれる!

手順が分かれば未経験でも料理人になれる!

この記事では、未経験から料理人になるための方法をロードマップとして公開しました。ここまで読んで頂いたら「どうやって料理人になるんだろう?」という疑問をクリアできるでしょう。

記事の内容をまとめると以下の3つです。

  • 料理人の全体像を把握する
  • 料理人なるための方法を知る
  • 料理人になるための知識とスキルを磨く

近年では本や映像によって、短期間で情報を得ることができます。あなたの目指す料理人の姿をイメージしながら、一歩ずつ進んでください。

料理人になりたいという意識を持ち続ければ一流の料理人になれます。ぜひ料理人として夢を叶えてください。

飲食未経験から料理人になるための完全ロードマップ【2022年版】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お品書き
閉じる