料理人&調理師におすすめの転職エージェント「フーズラボ」を徹底解説!

料理人の転職に失敗しない方法&失敗したときの対処方法【体験談あり】

料理人の転職に失敗しない方法&失敗したときの対処方法【体験談あり】
悩める料理人

他の飲食店への転職したいけど、失敗しないか不安だな。

このような不安にお答えします。

料理人ならスキルアップや給料UPを求めて、他の飲食店へ転職を考えることもあるでしょう。しかし、せっかく転職しても失敗すると大変です。

転職に失敗すると料理人の仕事が嫌いになることもあります。スキルアップが望めなかったり、希望と異なる待遇にストレスがたまるからです。

実は、僕自身も転職失敗の経験があります。この記事では、僕自身の経験とあわせて、料理人が転職に失敗しないための方法を紹介します。

記事を読むことで、転職に失敗しない料理人になれます。ぜひ参考にしてください。

この記事がおすすめな人
  • 転職に失敗したくない料理人
  • 転職に失敗して悩んでいる料理人
料理人のコンパス権威性
お品書き

料理人が転職に失敗しないための5つの方法

料理人が転職に失敗しないための5つの方法
料理人が転職失敗しないための方法
  • 情報収集をしっかり行う
  • 転職までの期間をつくる
  • 転職先の候補を複数持つ
  • 募集要項を信じすぎない
  • 転職サービスを利用する

料理人が転職に失敗しないためには、上記の5つを知っておきましょう。これらを把握して行動していれば、転職に失敗しません。

転職に失敗しない方法① 情報収集をしっかり行う

転職に失敗したくないなら、候補となる飲食店の情報をしっかり集めてください。情報が多ければ、さまざまな視点で納得の判断できます。

  • 飲食店のホームページやSNSをみる
  • 食材の質やメニュー
  • 従業員の表情

求人の募集要項だけでなく、ホームページやSNSもチェックしましょう。ホームページにはより詳しい店舗やメニューの情報があったり、SNSからはリアルな雰囲気を知れます。

転職したい飲食店には、できるかぎり来店してください。食材や料理の質や、従業員の表情をチェックすると、転職失敗を防げます。

ホールスタッフや料理人の表情に余裕や笑顔がないと、飲食店内の雰囲気がよくないことが伝わります。従業員同士の会話の様子から、人間関係がよいのかもチェックできます。

転職に失敗しない方法② 転職までの期間をつくる

料理人の転職に失敗したくないなら、期間に余裕をもつことは重要です。すぐに転職しなければいけない状況だと正しい判断ができません。

  • 生活費に困っている
  • 「無職」という肩書きが嫌
  • 審査のために就職しないといけない

仕事を辞めてから転職先を探すと、生活費に困ってしまいます。すぐにでも給料が欲しいからと、適当に転職先を決めて失敗することは多いです。

ローンの申請や、子どもの保育園の手続きなど、審査のために ”職業” が必要なことあります。書類の提出期限を過ぎると手続きができないので大変です。

期間に余裕をつくるためにも、転職活動は在職中に進めましょう。ただし、転職活動をしていることは同僚や先輩には言わない方が安全です。

イレイ

在職中の転職活動はみんなやっていますよ。

転職に失敗しない方法③ 転職先の候補を複数持つ

転職に失敗しない方法③ 転職先の候補を複数持つ

転職をするなら、候補となる飲食店を複数探しましょう。複数の候補があると、比較しながら最適な職場を見つけられます。

さまざまな求人の募集要項をみながら、気になる飲食店はリストアップしておくと把握しやすいです。あなたにとって重要な項目(給料・待遇・客層・ジャンルなど)を中心にチェックするとよいでしょう。

転職先の候補を「おれはココしか行かない!」と1社に絞るのはおすすめしません。その飲食店で求人募集が取り下げられたり、面接して不採用になると時間が無駄になるからです。

保険をかける意味でも、複数の候補を探してください。

転職に失敗しない方法④ 募集要項を信じすぎない

料理人の転職に失敗したくないなら、求人の募集要項を信じすぎてはいけません。募集要項に記載されている情報の通りの飲食店は少ないからです。

募集要項の内容は、よく見えるように掲載されています。ほとんどの飲食店で本当の情報を記載すると、ハローワークや求人誌へ掲載が認められないことがあります。

  • 給料・・・「仕事を覚えたら」のような条件付き
  • 勤務時間・・・時間通りに休憩や帰宅ができる飲食店は少ない
  • 仕事内容・・・記載されていない業務も依頼される
  • 休日と休暇・・・追加出勤がある飲食店も多い
  • 賞与(業績による)・・・達成の数値が共有されていない

上記のように、記載されていない条件が含まれていることが多いです。採用面接でサラッと伝えられる場合もあるので注意しておきましょう。

イレイ

面接時に伝えられると「嫌です」と言いにくい人もいますよね。

転職に失敗しない方法⑤ 転職サービスを利用する

転職失敗を避けるもっともシンプルな方法は、転職サービスを利用することです。転職サポートを目的としたサービスなので、ひとりで活動するより成功率が高まります。

転職サービスはおもに2種類です。あなたにあったサービスを選ぶとよいでしょう。

  • 転職エージェント・・・転職のプロがあなたにあった転職活動をサポート
  • 転職サイト・・・求人情報が豊富で、あなたのペースで転職活動ができる

はじめて転職活動をする人や、仕事探しが不安な人には、転職エージェントが人気です。転職のプロが一緒に転職成功を目指してくれます。

転職活動に慣れている人や、自信があるなら転職サイトがおすすめです。求人探しや面接対策をあなたの好きなペースで進められます。

料理人が転職に失敗したときの3つの対処方法

料理人が転職に失敗したときの3つの対処方法
転職失敗したときの対処方法
  1. 学べることを見つける
  2. 次の転職先を探す
  3. 前職へ出戻りする

すでに転職失敗している料理人におすすめの対処法法を3つ紹介します。あなたに最適な方法を選択してください。

転職失敗の対処方法① 学べることを見つける

転職に失敗しているなら、今の飲食店で学べることを見つけてみましょう。学べることが見つかれば成長できるからです。

ひとことで「学び」と言っても、人それぞれポイントは異なります。

  • お店のメニューを覚える
  • 扱える食材の幅を広げる
  • 部下や後輩教育の方法を学ぶ
  • 仕入れている食材や備品の相場を知る
  • 経営者目線で飲食店の状況を分析する

おもな学びのポイントは上記の5つです。ただし、あなたの料理人としての時間に対して、納得できる学びなのかは確認しなくてはいけません。

たとえば、6ヶ月勤務しても、得られる学びの量が少ないと感じるなら危険です。他の飲食店へ転職していたら数倍の学びがあったかもしれません。時間と学びの量を天秤にかけて、納得できるかを判断してください。

学びのポイントは無理やり探してはいけません。あなたにとって必要な学びポイントなら、無理して探さなくても見つかります。

転職失敗の対処方法② 次の転職先を探す

料理人が転職に失敗したら、次の転職先を探すのもおすすめです。失敗とわかっていながら、長く勤務するのは無駄です。

早めの転職は、あなたにも飲食店にもメリットがあります。

  • あなた:ストレスが減り、次の転職で成功する可能性がある
  • 飲食店:イヤイヤ働く生産性の低い人が辞める

モチベーションが低い状況でイヤイヤ働くのはおすすめしません。すぐに辞めにくかったり、辞めにくい状況なら退職代行を利用するのもよいでしょう。

人手不足が深刻な飲食店は、退職を引き止めようとします。それでも、あなたにとってもっともよい選択をすることが重要です。

次の転職先を探すなら、転職エージェントに頼ると安心です。数ある求人情報のなかから、あなたにぴったりの飲食店を紹介してくれます。

飲食業界に特化した転職エージェント「フーズラボ」は、無料で利用できるので使わないともったいないです。

転職失敗の対処方法③ 前職へ出戻りする

転職に失敗したときは、前職へ出戻りするのも選択肢に加えるとよいです。直前まで勤務していた飲食店で再度働くので、仕事内容や人間関係もスムーズです。

前職への出戻りは、円満に退職できた場合に有効です。トラブルなどで退職すると、出戻りを断られます。

>> 料理人が円満に退職するための5つの手順【知らずに辞めると危険】

飲食店で勤務しているとわかりますが、料理人の出戻りは結構多いです。特にホテル調理などの従業員が多い職場だと、出戻りが多い傾向があります。

転職に失敗したくない料理人はプロに頼ろう!

転職に失敗したくない料理人はプロに頼ろう!
料理人が転職に失敗しないためには?
  • 情報収集を徹底する
  • 在職中に転職先を探す
  • 転職エージェントを利用する

この記事では、料理人の転職で失敗しないためのコツと、失敗したときの対処法法を紹介しました。結論としては、転職活動に失敗したくないなら転職エージェントを利用するべきです。

転職エージェントに無料で相談すると、あなたにおすすめの飲食店をいくつか紹介してもらいます。その飲食店の情報をインターネットで調べたり、お客様として来店しながら、内部の情報をチェックしてください。

もちろん、転職活動は在職中に進めましょう。退職後にはじめると焦って、転職失敗につながります。

集めた情報に納得して転職できれば成功します。ぜひ、転職成功して、料理人をたのしんください。

参考になったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
お品書き