料理人に採用される履歴書の書き方徹底解説!志望動機でアピールしよう

料理人に採用される履歴書の書き方ガイド!志望動機でアピールしよう
悩める男性

料理人になりたいけど、採用される履歴書の書き方が知りたいな〜。

料理人になりたいなら、飲食店の採用面接で、正しく書かれた履歴書を提出する必要があります。

なぜなら、「履歴書の書き方がわからない=非常識な人」という悪い印象を与えるから。

あなたが資格を持っていたり、料理人としての経験があったとしても、履歴書の書き方で不採用になってはもったいないですよね。

そこでこの記事では、料理人として採用されるための履歴書の書き方を紹介します。

正しい履歴書の書き方を知っているだけで、採用される可能性が上がるので、しっかり抑えておきましょう。

料理人のコンパス権威性
@ireiblog
お品書き

料理人が履歴書を書く前に知っておこう

料理人が履歴書を書く前に知っておこう
履歴書を書く前に抑えておきたい
  • そもそも履歴書とは?
  • 履歴書の種類はどれがいい?
  • おすすめの履歴書はどれがいい?

料理人の履歴書を書く前に、最低限知っておくべきことを紹介します。

履歴書を書いたことがある人はスキップしてもOKです。

そもそも履歴書とは?

履歴書に書く内容
  • 個人情報(名前・生年月日・連絡先)
  • アピール情報(資格・学歴・備考)
  • 職歴と熱意(経験した仕事・動機)

履歴書とは、バイトや就職の面接を受ける際に提出する書類のこと。

飲食店側に「ぜひあなたに働いて欲しい!」と思ってもらうために、これまでの職歴や勤務態度(仕事内容と勤務期間など)、働きたい動機や熱意をアピールします。

採用担当者は履歴書をもとに質問をするので、会話のキッカケを作るためにも、情報をしっかりと書きましょう。

履歴書の種類はどれがいい?

履歴書の種類
  • 手書きの履歴書
  • パソコンでのデジタル履歴書

履歴書には、手書きの紙版とデジタル版がありますが、料理人の面接では手書きの履歴書で問題ないです。

とはいえ、飲食店側が履歴書の種類を指定している場合は、指示に従いましょう。

実際の求人募集を確認して、特に指定がなければ好きな種類で問題ありません。

おすすめの履歴書はどれがいい?

実際に僕が料理人の面接で使っていたのが、上記の履歴書です。

  • JIS規格の正式書類なので安心。
  • 封筒とシール付きで使いやすい。
  • 職務経歴書付きで活用しやすい。

という特徴があり、正式なJIS規格なので、履歴書の種類選びで間違えることがありません。

付属のシールを使えば、封筒をのり付けする必要がないのでおすすめです。

イレイ

僕はこの履歴書で江戸前寿司屋も、沖縄料理屋も海鮮料理屋も合格しましたよ。

採用される料理人の履歴書の書き方

採用される料理人の履歴書の書き方

料理人が希望の飲食店で採用されるためには、正しい履歴書の書き方を抑える必要があります。

履歴書の書き方をわからない人を採用する飲食店はないので、しっかりチェックしておきましょう。

履歴書の書き方① 基本情報

学歴と職歴

履歴書の学歴蘭に記入する学校名は、省略をせずに正式名称で「○○県立□□高等学校△△科 入学」と書きましょう。

学歴をすべて記入したら、学歴と分けて職歴を記入します。

職歴は、これまでの仕事の在職履歴を「株式会社〇〇 □□部門 入社」のような形式で書きましょう。

年号は西暦と元号のどちらを使用しても問題ありませんが、履歴書全体で統一する必要があります。

西暦と元号のどちらも使っていると、読みにくい履歴書になるのでNGです。

免許・資格

資格や免許は取得した順番に記入してください。

飲食店の採用面接なので、調理師免許やソムリエ、利き酒などの資格を持っている場合は忘れずに書きましょう。

なぜなら、あなたのこれまでの努力と結果をアピールできるから。

ちなみに、運転免許証や英語検定などの、料理に直接関係しない資格でも書いてください。

アピール材料は多い方がいいので「これくらいなら書かなくてもいいかな」はもったいないです。

また、取得を目指して勉強中の資格があれば、「取得見込み」として記入してOKです。

趣味・特技

趣味や特技は、料理人の仕事に関係のないことでも書いてください。

なぜなら、あなたがどんな人間なのか知ってもらえるから。

記入した内容によっては、面接担当者との会話のキッカケになるので積極的に書きましょう。

面接担当者に良い印象を与えられたら、採用される可能性が上がります。

志望動機

履歴書のなかでもっとも重要な項目です。

あなたをアピールする項目になるので、後ほど詳しく解説します。

履歴書の書き方② 文字を丁寧に書く

履歴書はあなたの採用を判断するための書類なので、文字は丁寧に書きましょう。

手書きの文字からは、書いた人の性格や人間性が伝わります。

文字が乱れていたり、空欄の多い履歴書を見て、良い印象を受ける人はいません。

たとえ綺麗な文字が書けなくても、丁寧に書いた文字なら気持ちが伝わります。

社会人として、お気に入りのペンを1本持っていると良いでしょう。

ちなみに僕が実際に愛用しているボールペンは「ゼブラ ジェルボールペン」です。

料理人が採用されるための志望動機の書き方

料理人が採用されるための志望動機の書き方
採用されるための志望動機
  • 飲食店の良い印象を伝える。
  • 採用するメリットをアピール。
  • 将来の夢や目標をしっかり書く。

履歴書のなかでも、採用を判断するために重要な項目が志望動機です。

料理人が採用されるための志望動機の書き方を紹介します。

飲食店の良い印象を伝える

採用面接を受ける飲食店の良い印象を伝えると、採用されやすくなります。

その理由は、飲食店に魅力を感じていれば、一生懸命に働いてくれるという期待を与えられるからです。

実際に採用されるための志望動機の例を紹介します。

例①:飲食店の理念に共感

私は貴社の掲げている「料理の可能性を広げる」という理念に共感したため、志望しました。
料理人なら伝統のある味を守ることが重要だと認識しております。
しかし、貴社では、伝統を習得した上で、ここでしか味わえない創作料理をお客様に提供しているという点に衝撃を受けました。
ぜひ貴社で料理人としてのステップアップをしたいと考えております。

例①では、飲食店の理念に共感しているとう点をアピールしています。

理念に共感されると、「会社の求める未来に共に向かっていける人材」だと印象を与えるので、採用確率が上がるのです。

例②:飲食店の料理に感動

私は食事が大好きで、趣味で飲食店巡りをしています。
そのなかで、貴社で食べたオムライスに衝撃を受けました。
ほかの飲食店であれほど柔らかいタマゴを食べたことがなかったので、魅力的でした。そのオムライスがキッカケで、貴社で何度か食事をするようになり、メニューの豊富さと料理へのこだわりに気付きました。
料理人として働くなら、貴社で学び、成長したいと思っております。

例②では、その飲食店で食べた料理によって働きたいと思ったことをアピールしています。

実際に料理を食べたうえで就職を志望していることが伝わるので、就職への熱い気持ちが伝わります。

自分の働いている飲食店を褒められて、嫌な思いをする面接担当者はいないので効果的です。

あなたを採用するメリットをアピール

飲食店で採用されるためには、飲食店側があなたを採用するメリットをアピールしましょう。

なぜなら、飲食店は人材確保を目的に求人をしていますが、プラスのメリットがあれば他の求職者との差別化ができるから。

たとえば、前職での経験や実績を記載すると、充分なアピールになります。

飲食店での経験がない人は、真面目さや気持ちをアピールしてください。

将来の夢や目標を書く

採用される履歴書で多いのが、あなたの夢や目標が、この飲食店で働くことで達成に近づくことをアピールしている志望動機です。

例:寿司職人になりたい場合

「私の夢は、寿司屋として独立開業をすることです。そのためには技術の高い貴社で修行して、寿司職人として一人前になりたいと考えております。」

この例では、夢である独立開業を達成するために、この飲食店(寿司屋)で働くことの必要性をアピールしています。

夢や目標が明確だと、「夢のためにしっかりと働いてくれる」というイメージを与えられます。

料理人の履歴書の書き方 〜注意点〜

料理人の履歴書の書き方 〜注意点〜
料理人の履歴書の書き方 〜注意点〜
  • 記入漏れはNG。
  • 誤字をチェック。
  • 経歴は隠さない。
  • 証明写真を綺麗に。
  • 管理をしっかりする。

料理人が履歴書を書くときの注意点をそれぞれ紹介します。

履歴書を書くときの注意点① 記入漏れ

履歴書に記入漏れがあると、「注意が欠けている」「仕事を雑にこなす」などのマイナスの印象を与えるので注意してください。

書き上げた直後に一度確認し、翌日にも改めて確認することで、高確率で記入漏れを防ぐことができます。

ちなみに記入漏れが多いのが、履歴書の上部にある「記入日」です。

記入日の項目には、履歴書を書き始めた日付ではなく、面接日(郵送の場合は投函日)を書いてください。

履歴書を書くときの注意点② 誤字をチェック

記入漏れと同様に、誤字がないかチェックしましょう。

通常の書類なら修正ペンで直したり、二重線を引いて訂正しますが、履歴書ではNGです。

誤字があった場合には、新しい書類で書き直してください。

また、印鑑を押すときはズレないように集中が必要です。

履歴書を書くときの注意点③ 経歴を隠さない

履歴書を書くときの注意点③ 経歴を隠さない

履歴書を書くときは、これまでの経歴を隠してはいけません。

なぜなら、採用後に隠していたことが判明した場合、一気に信頼がなくなるから。

料理人はチームワークが必要なので、同僚からの信頼がなくなると仕事になりません。

過去に数ヶ月しか在籍していない職歴があっても、隠さずに書いてください。

面接のときに短期で退職した理由を伝えることで、アピールになることもあります。

履歴書を書くときの注意点④ 証明写真を綺麗に

履歴書に貼る証明写真は、綺麗に撮影した写真を選びましょう。

なぜなら、履歴書にとって証明写真は顔だから。

面接担当者が履歴書を見るときに、もっとも印象に残るのは証明写真です。

履歴書の証明写真をみながら、採用面接のやりとりを思い出すこともあるので、綺麗な写真を貼ってください。

また、撮影から3ヶ月以内の証明写真が必須であり、撮影機や写真屋で撮影したものを使います。

履歴書を書くときの注意点⑤ 管理をしっかりする

履歴書は採用面接の重要な書類なので、しっかりと管理をしてください。

無駄な折れ目や汚れがあると、面接担当者に悪い印象を与えます。

書き終えたらチェックをして、クリアファイルなどに入れると安心です。

採用される履歴書の書き方を身につけよう

採用される履歴書の書き方を身につけよう
料理人として採用される履歴書の書き方
  • 字が下手でも丁寧に書く。
  • 記入漏れと誤字をチェック。
  • 採用するメリットを伝える。
  • 志望動機でしっかりアピールする。
  • 履歴書をクリアファイルで管理する。

この記事では、料理人として採用されるための履歴書の書き方を紹介しました。

履歴書は面接担当者へ提出する重要な書類なので、正しい書き方を身につけることが重要です。

なかでも志望動機にこだわって、他の面接希望者との差別化ができれば、採用される可能性は高くなります。

証明写真の貼り忘れや、記入漏れがあると、しっかりしていない人間だと思われるので注意してください。

この記事で紹介しているのは、僕が実際に料理人として採用された履歴書の書き方なので、ぜひ参考にしてくださいね。

ここまで読んでも履歴書の書き方に自信が持てないなら、手厚いサポートが無料で受けられる転職エージェントを使うのもアリです。

料理人に採用される履歴書の書き方ガイド!志望動機でアピールしよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お品書き
閉じる