【飲食店アルバイト面接の攻略法】料理人として採用される3つの準備

【アルバイト面接の攻略法】飲食店に採用される3つの事前準備
悩める男性

飲食店でアルバイトをしたいけど、採用されるか心配だな。
採用されるために面接で気を付けるポイントや対策があれば知りたいな。

未経験から料理人(キッチンスタッフ)のアルバイト探しをすると、条件の良い飲食店を見つけても、採用されるか不安になるでしょう。不安になる理由は単純に、アルバイト面接で採用されるためのポイントを知らないからです。

実際に飲食店アルバイトの面接を見てみると、採用の合否は ”どこまで面接の準備をしているかで決まる” ことがわかります。

つまり、飲食店のアルバイト面接で何が求められるかを知っているか、知らないかで合否が決まるといえます。

この記事では、飲食店のアルバイト面接を受ける人のために、採用されるポイントを紹介します。複数の飲食店の面接で採用率100%の僕(@ireiblog)の経験を交えた内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

料理人のコンパス権威性
お品書き

飲食店アルバイト面接は事前準備で決まる

飲食店アルバイト面接は事前準備で決まる
飲食店アルバイト面接の事前準備
  • 面接の服装
  • 面接の持ち物
  • 面接の心構え

飲食店のアルバイト面接で採用されるには、事前準備が欠かせません。なかでも重要なポイントを3つ紹介します。

飲食店アルバイト面接の準備① 服装

飲食店のアルバイト面接を受けるときの服装は、私服で問題ありません。面接担当者も服装はそれほど気にしていないので、派手な服装でなければ良いです。

飲食店に限らず、アルバイト面接のほとんどは私服でOKです。

社会人ならシャツ系の服装、学生なら制服を着て行きましょう。アルバイトの面接は1人あたり10〜20分ほどの短い時間なので、服装が与える印象は大きいです。

正社員採用の面接なら、事前に確認しておきましょう。

飲食店アルバイト面接の準備② 持ち物

アルバイト面接で役に立つ持ち物は下記の5つです。

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • メモと筆記用具
  • クリアファイル
  • 持ち物を入れるためのカバン

なかでも履歴書はあなたの魅力をアピールするために重要です。学歴や資格だけでなく、要望や意欲などもしっかり書いてください。

職務経歴書が不要な飲食店もあります。事前に提出を求められた場合のみ用意しておけばよいでしょう。

クリアファイルは履歴書と職務経歴書を挟んでください。書類を汚れから守ってくれたり、折り曲げないためにもおすすめです。

メモ帳と筆記用具は、面接の際に聞いた情報をメモします。飲食店によっては面接の時点で採用が決まり、出勤日の調整をすることもあります。

飲食店アルバイト面接の準備③ 心構え

飲食店のアルバイト面接でもっとも重要なのは心構えです。しっかり書類を用意して、綺麗な服装をしていても、当日に寝坊や遅刻をしたら台無しです。

アルバイトも立派な仕事なので、時間が守れないと採用されません。面接予定時刻の10分前には会場に到着しておき、5分前に店内に入るのが理想的です。

飲食店の営業状況によっては待たされることがありますが、空き時間も見られているのでスマホを触るのはやめましょう。

また、面接の質問や雑談に答えられるくらいの会話力も必要なので、あらかじめ想定と練習をしておくと良いです。

飲食店アルバイト面接は質問をイメージしておく

飲食店アルバイト面接は質問をイメージしておく
アルバイト面接の代表的な質問
  • 質問①「なぜ、この飲食店を選んだのですか?」
  • 質問②「あなたの長所と短所は何ですか?」
  • 回答のコツはポジティブな言葉を使うこと

飲食店のアルバイト面接を受ける前には、質問と答えをイメージしておきましょう。なぜなら、飲食店のアルバイト面接で聞かれる質問はほとんどは決まっているから。

あらかじめ質問を予想して、回答を用意しておくとスムーズに受け答えができるので、良い印象を与えることができます。

「なぜ、この飲食店を選んだのですか?」

飲食店のアルバイト面接の際に、かならず聞かれるのが「なぜ、この飲食店(お店)を選んだのですか?」です。

この質問は、たくさんの飲食店があるなかでこの飲食店を選んだ理由を聞かれています。

答えの例としては、下の3つのパターンがあるでしょう。

選んだ理由の回答例①

良い例①

料理人を目指しており、〇〇が魅力的なこのお店で腕を磨きたいから、このお店を選びました。

将来の目標が明確で、この飲食店を選んだ動機としては好印象です。

選んだ理由の回答例②

良い例②

このお店で食事をしたときに、料理が美味しく、店員さんの接客に感動したから働きたいと思いました。

この飲食店をお客様として利用したうえで、お客様目線での好印象ポイントを伝えています。

選んだ理由の回答例③

良い例③

留学や進学のために費用を貯めたいです。

このお店へのこだわりは無いですが、「お金を稼ぐ」という明確な目標が伝わるので、仕事への熱意をアピールできます。

選んだ理由のNG回答例

悪い例

家から近いから・・・。なんとなくです。

このような回答は、意思や目的がないので悪い印象を与えてしまいます。

「あなたの長所・短所は何ですか?」

飲食店のアルバイト面接でよく聞かれるのが「あなたの長所・短所は何ですか?」です。

この質問は、あなたの魅力を面接担当者へアピールするために活用しましょう。しっかり答えることで、採用するメリットを強烈に伝えることができます。

長所はあなたの強みをストレートに伝えてください。

短所は悪い部分に感じられますが、裏を返せば長所としても捉えられるような回答をしましょう。

長所の回答例①

良い例①

私の長所は、人見知りをせずに初対面でもコミュニケーションがとれる所です。

この回答では、コミュニケーションに問題がないことをアピールできます。

料理人同士やホールスタッフとのコミュニケーションはもちろん、接客にも活かせるので大きな強みです。

長所の回答例②

良い例②

私の長所は忍耐力があり努力を継続できることです。
サッカー部に所属していましたが、毎日厳しい練習を重ねてレギュラーになれました。

この回答では、アルバイトをするうえで重要な努力と忍耐力をアピールできます。

仕事が多少キツくても、簡単に辞めないということは、採用側にとって魅力的なポイントです。

一方で、短所としての回答例はこのようになります。

短所としての回答例①

短所の回答①

私の短所は、集中しすぎるところです。
夢中になると周りが見えていないことがあるので、気をつけたいと思っています。

集中しすぎるということは、裏を返せば、仕事に対する集中力が高いことをアピールできます。

短所としての回答例②

短所の回答②

私の短所は、真面目すぎるところです。
学校の決まりを破る事に抵抗があり、友人からは ”もっと柔軟になれ” と言われます。

この回答では、真面目さをアピールできるので、仕事のルールを破らない誠実さが伝わります。

内容だけをみると同じことですが、伝え方を意識することで、良い印象を持たれます。

ポジティブな言葉を使いましょう

飲食店アルバイトの面接では、ポジティブな言葉を使いましょう。同じ意味でも、ポジティブな言葉を使えばよいイメージを与えます。

ネガティブな回答とポジティブな回答をそれぞれ見比べてみましょう。

飲食店アルバイト未経験を伝える場合

ネガティブな回答

未経験なので仕事についていけるか不安です。

ポジティブな回答

未経験ですが、新しい経験ができるのが楽しみです。

人見知りなことを伝える場合

ネガティブな回答

人見知りなので同僚とのコミュニケーションが心配です。

ポジティブな回答

人見知りを克服するためにコミュニケーションを取れるように意識しようと思います。

どちらも伝える内容としては同じですが、ポジティブに言い換えるだけで好印象になります。

普段からポジティブな言葉を使うことを意識すると、アルバイト面接以外にも良いことがたくさんあります。

未経験者が飲食店アルバイトで気になるポイント

未経験者が飲食店アルバイトで気になるポイント
未経験者の気になるポイント
  • 初心者でも働けるのか?
  • 短期アルバイトでも採用されるのか?
  • アルバイトから正社員になれるのか?

飲食店アルバイトの未経験者が気になるポイントを3つ紹介します。

飲食店アルバイトの疑問① 初心者でも働けるのか?

はじめて飲食店のアルバイト面接を受けるときにもっとも気になるのが、初心者でも働けるのかということでしょう。

この疑問への答えは「飲食店アルバイトは初心者でも働けます」です。

飲食店といえば職人仕事のイメージが強いので、未経験だと不安が大きいでしょう。しかし、プロの料理人たちもはじめは未経験です。

アルバイトなら簡単な仕事から任されるので、経験を重ねながらステップアップできるので安心してください。

飲食店アルバイトの疑問② 短期でも採用されるのか?

学生のアルバイトなら、夏休み期間中や卒業までの間など、短期でも採用されるのかは気になりますよね。

この疑問への答えは、「飲食店の状況による」です。

基本的に求人募集をかける飲食店のほとんどは、長期的に働けるスタッフを求めています。しかし、下記の場合は短期採用も可能です。

  • 人手不足
  • 急ぎで人手を増やしたい
  • 求人募集への応募が少ない

短期でも採用するメリットをアピールできれば、採用される可能性は高くなります。すぐに働ける人は採用されやすいです。

飲食店アルバイトの疑問③ 正社員になれるのか?

飲食店アルバイトをはじめるときに、将来的に正社員になれるのか気になりますよね。

この疑問への答えは、「アルバイトから正社員になることは可能」です。なぜなら、正社員になるということは、長期的に働ける人材である証明になるから。

飲食店側としては、新入社員を採用して仕事をから教えるより、アルバイトから昇格してもらったほうが教育の手間が省けます。

とはいえ飲食店の経営規模や状況によっても異なります。求人募集要項を確認したり、面接のときに担当者に聞いてみると良いでしょう。面接で聞くことで、「仕事への積極性」のアピールにつながります。

飲食店アルバイト面接では時間が重要

飲食店アルバイト面接では時間が重要
飲食店アルバイト面接で重要な時間
  • 時間厳守。
  • シフト貢献。
  • 万が一のときは事前連絡。

飲食店アルバイト面接では、時間への意識をしっかり持ってください。

アルバイトといっても仕事なので、学生でも社会人でも、時間は重要であることを認識しましょう。

飲食店アルバイトは時間厳守

飲食店アルバイトをするなら時間をしっかりと守ることが重要です。

アルバイトの面接はもちろん、採用されてからの出勤時間も遅刻をしてはいけません。時間に遅れると飲食店に迷惑をかけるうえに、あなた自身への信頼もなくなります。

信頼がなくなると、雑用ばかりで仕事を任せてもらえなかったり、時給が下がる可能性もあるので注意してください。

遅刻は癖になりやすいので、アルバイトであってもしっかりと時間を厳守する習慣をしましょう。

飲食店アルバイトではシフト貢献が求められる

飲食店アルバイトには、料理の技術以上にシフトへの貢献が求められます。

料理については、基本的に社員が行うため問題ないですが、補助要員としてアルバイトを採用するのです。

アルバイトが誰も入れない時間帯があると、飲食店側は困ります。

面接の際に、出勤できる日程を聞かれますが、土日でも働ける人は魅力的です。

基本的に土曜と日曜、祝日は休みたいというアルバイトが多いので、土日や祝日に出勤できる人は採用される可能性が高まります。

万が一のときは事前に連絡をしましょう

どうしようもない理由で飲食店のアルバイト面接に遅れるなら、事前に連絡をしてください。予想していないトラブルにあったとしても、遅刻することがわかった時点で早めの連絡が重要です。

もちろん遅刻は良くないですが、事前に連絡をしておけば、働くうえでの最低限のマナーはできると判断されます。

ちなみに、事前連絡は採用されてからも意識する必要があります。連絡があれば飲食店側も変わりのスタッフを用意するなど、シフトの調整ができるから。

事前の連絡もなく遅刻するようであれば、アルバイトとはいえ意識が低いと判断されるので絶対にNGです。

飲食店アルバイトは面接は事前準備で決まる

飲食店アルバイトは面接は事前準備で決まる
飲食店アルバイト面接の攻略法
  • アルバイト採用は3つの事前準備で決まる。
  • 質問を予想して答えを用意しておく。
  • 時間は重要!遅刻は厳禁。

この記事では、飲食店アルバイトの面接で採用されるための3つの事前準備を紹介しました。

私の経験談として、この記事で紹介した内容を理解して実践することで採用されます。ちなみに私の知人も実践して採用されました。

アルバイト面接で聞かれる質問はほとんどテンプレのように決まっています。あらかじめ予想して答えを用意しておきましょう。

予想しておくことはズルイことではありません。

予想して答えを用意することは、面接に採用されたいという気持ちの証拠です。むしろ飲食店の面接担当としては嬉しい取り組みです。

はじめて飲食店のアルバイト面接を受けるなら、何度もこの記事を読み返して、採用を勝ち取ってください。

応援しています!

【アルバイト面接の攻略法】飲食店に採用される3つの事前準備

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お品書き
閉じる