料理人&調理師におすすめの転職エージェント「フーズラボ」を徹底解説!

【40代の料理人】転職で苦労する3つの理由と成功させるコツ

【40代の料理人】転職で苦労する3つの理由と成功させるコツ
悩める料理人

40代から別の飲食店に移りたいけど大変そうだな。

40代の料理人といえば、経験を積んで役職に就いている人も多いでしょう。キャリアは順調でも、下記の理由で転職を考える料理人は少なくないです。

  • 給料を上げたい
  • 新しい挑戦がしたい
  • 今の職場に不満がある

しかし、いざ転職活動を始めると苦労します。うまく転職活動ができなければ、疲労やストレスが溜まって仕事にも影響がでます。

最悪の場合は望んだ飲食店へ転職できなかったり、転職先の環境に馴染めずに失敗します。

この記事では、40代の料理人が転職で苦労する理由と、うまく転職する方法を紹介します。記事を読めば、転職活動への不安を解消しつつ転職に成功できます。

\ 【完全無料】40代の料理人でも安心! /

料理人のコンパス権威性
お品書き

40代の料理人が転職活動で苦労する3つの理由

40代の料理人が転職活動で苦労する3つの理由
40代が転職活動で苦労する理由
  • 転職に慎重になる
  • 転職に慣れていない
  • 自分をアピールできない

40代の料理人が転職活動で苦労するのには、明確な理由が3つあります。転職活動をする前に苦労するポイントを知っておけば、不安やストレスが減るのでおすすめです。

転職に慎重になる

40代の料理人は、若い料理人よりも転職に慎重になります。

  • 転職失敗直後の再転職が難しい
  • 自分だけで転職先を決めにくい
  • 転職活動をする気力が続かない

若ければ転職に失敗しても、ある程度のやり直しができます。しかし40代で短期退職が続くと、履歴書のイメージがかなり悪くなります。

40代だと家族がいることも多いです。独身とは異なり、家計を支えるために仕事選びに慎重になります。

慎重になりすぎて行動ができないまま、気力が途切れてしまう料理人も多いです。転職活動には情報収集や面接対策に気力が必要です。

転職に慣れていない

ひとつの飲食店に長く勤務している料理人はたくさんいます。40代まで転職経験がない料理人も珍しくないです。

一人前の料理人になるには、数年〜10年ほどかかると言われています。技術と経験、信頼を積み上げるために、ひとつの飲食店での勤続年数が長いです。

転職に慣れていないと、転職活動でなにをしたらいいか判断できません。フリーの求人誌で転職先を探すと、間違いなく失敗します。

20代のときに転職経験があっても、10年以上前と現在では、転職の常識が変わっています。転職サイトや転職エージェントを知らないと、もったいないです。

>> 無料で手厚い転職サポートが受けられる「フーズラボ」

自分をうまくアピールできない

40代の料理人は、転職活動で自己アピールが苦手です。ひとつの飲食店のキャリアが長ければ、わざわざアピールしなくても仕事があるからです。

  • 学歴がアピールにならない
  • 口下手の職人気質が多い
  • 文章が苦手な人が多い

中卒や高卒で修行を始める料理人は多いです。履歴書でアピールできる学歴は期待できません。

口下手や、文章が苦手な料理人はたくさんいます。自分の考えをうまくアピールできないと、履歴書作成や面接が大変です。

40代の料理人が転職後に苦労する3つの理由

40代の料理人が転職後に苦労する3つの理由
40代が転職後に苦労する理由
  • 新しい環境に慣れるのに時間がかかる
  • 人間関係がリセットされる
  • 前職のキャリアがリセットされる

40代の料理人は、転職後にも苦労することがあります。特に苦労するのは上記の3つです。

新しい環境に慣れるのに時間がかかる

料理人が40代から転職すると、新しい職場環境に慣れるまでに時間がかかります。料理人の経験があっても、飲食店ごとに環境がまったく異なるからです。

業務ルール
勤務時間はタイムカードで管理するのか?
サービス残業や休日出勤があるのか?
週休1日or2日?
メニュー
手作りへのこだわりや自家製メニューはある?
既製品や加工食品の使用頻度は?
客層
メインのお客様の年代や性別は?
飲食店の利用シーンはいつ?

転職前の飲食店での勤務期間が長いほど転職先で苦労します。長年おなじ環境で働くと、それが常識になります。

新しい飲食店の環境に慣れるための工夫が重要です。

人間関係がリセットされる

転職すると人間関係はリセットされます。勤務先が変われば、同僚も変わるからです。

料理人にはチームワークが重要です。チームワークが不十分だと、仕事をスムーズにこなせません。

転職先ではあなたを知っている料理人はいません。自分から積極的にコミュニケーションを取りましょう。

40代といえば中堅やベテラン料理人という立場です。プライドに固執せずに、人間関係を構築してください。

前職のキャリアがリセットされる

転職すると、前職のキャリアがリセットされることがあります。飲食店によって求められるスキルが異なるからです。

飲食店ジャンルごとのおもな特徴は下記です(あくまでも例です)。

チェーン店
マニュアル通りの料理を提供するスピード
大衆飲食店
お客様を待たせないための仕込みと調理スピード
高級料理店
食材の目利き・仕込み・調理技術・接客の高いスキル

たとえば、チェーン店の料理長が高級料理店へ転職しても通用しません。反対に、高級店の料理人がチェーン店へ転職しても、ギャップへの対応に苦労します。

転職するなら、1からキャリアを立て直す気持ちが大事です。転職後に失敗しないためにも、転職エージェントをうまく利用すると良いでしょう。

\ 飲食業界No.1の転職エージェント /

転職前にチェックしたい!40代料理人の年収事情

転職前にチェックしたい!40代料理人の年収事情

40代の料理人が転職をするときに気になるのは年収ですよね。生活費としてだけでなく、仕事のモチベーションのためにも重要です。

ここでは転職前に知っておきたい「40代料理人の年収」事情を紹介します。

40代の料理人の平均年収

40代の料理人の平均年収は350万円です。単純計算で月給29万円ほど。

キャリアを積んで、料理長や副料理長などの役職に就いていることも珍しくありません。役職に就けば高給も可能です。

役職に就いていなくても、技術や経験は評価されます。キャリアに応じて、給料は高くなります。

年代ごとの平均年収が気になるなら、下記の記事をご覧ください。

料理人の平均年収とは?年代と地域ごとの相場をまとめて紹介

40代の転職は年収が下がる可能性がある

料理人が40代から転職すると、年収が下がる可能性があります。転職前の職場で積み上げたキャリアがリセットされるからです。

転職先では求められるスキルや、業務内容が異なります。飲食店が求めるスキルとズレていると、高い年収は期待できません。

飲食業界内でも、ジャンルの異なる飲食点への転職する場合は覚悟しておきましょう。

40代の料理人でも転職で年収を上げる方法

40代の料理人の転職でも、年収を上げる方法はあります。

  • ヘッドハンティング
  • 現職より上の役職で転職
  • 高いレベルの飲食店へ転職

どれも簡単ではありませんが、可能性はあります。

ヘッドハンティングされるには、飲食業界での人脈が重要です。高級店の料理長たちとの付き合いがあれば、よい誘いがあるかもしれません。

現職では副料理長でも、料理長として転職できることもあります。料理長に欠員がでていたり、新規オープンの飲食店は狙い目です。

役職に就けなくても、現職よりレベルの高い飲食店へ転職して年収を上げることも可能です。飲食店によって給料の基準が異なります。役職でなくても、給料が高い飲食店を探すのもかしこい選択肢です。

人脈がなく、希望の転職先が見つからないなら転職エージェントを使うのがおすすめです。飲食業界に特化している「フーズラボ」なら、あなたに最適な飲食店を提案してくれます。

\ 飲食業界No. 1の転職エージェント /

40代の料理人が転職を成功させる3つのコツ

40代の料理人が転職を成功させる3つのコツ

40代の料理人が転職を成功させるための3つのコツを紹介します。しっかり実践すれば、転職成功の確率が上がります。

転職経験がある人にとっては常識ですが、知らずに苦労する人は多いです。かならずチェックしてください。

40代の転職成功のコツ① 転職の理由を明確にする

転職活動をする前に、転職理由を明確にしましょう。理由が明確でないとリスクが大きいです。

  • 転職の気力が切れて諦める
  • 面接でアピールに失敗する
  • テキトウに転職先を決めてしまう

理由がないまま行動すると、なにもうまくいきません。転職理由に不正解はないので、あなたが納得できる理由を持ってください。

料理人A
料理人A

お寿司のスキルを磨きたいから寿司屋に転職したい。

料理人B
料理人B

結婚して家計を支えるために待遇の良いところに転職したい。

たとえば、上記のような理由でもOKです。理由の大小ではなく、理由があることが重要です。

40代の転職成功のコツ② あなたの強みを明確にする

40代からの転職で成功するなら、あなたの強みを明確にしてください。強みがあれば、20代や30代の若い料理人にも負けません。

  • メニュー考案ができる
  • 幅広い料理の知識と技術
  • 特定ジャンルに特化したスキル

他の料理人と比較して強みがあれば、若さに負けない魅力としてアピールできます。40代という経験値や知識量を強みとすることが多いです。

転職エージェントに相談するときや、採用面接のときにも、強みのアピールは重要です。アピールできる強みがないと、希望の飲食店で採用されません。

自身の強みに気付けない場合は、同僚や家族に聞いてみるのも有効です。いつもあなたを見ているからこそ、気づける強みがあります。

40代の転職成功のコツ③ 転職先の情報をリサーチする

40代の料理人が転職を成功させるためには、情報のリサーチはとても重要です。しっかり調べないまま転職すると後悔します。

  • 飲食店内の雰囲気
  • 既製品を使う割合
  • 提供しているメニュー
  • 給料や休日などの待遇
  • 求められる技術や立場

上記は例ですが、気になるポイントは人それぞれ異なります。採用面接を受ける前に、来店したりインターネットで情報収集をしてください。

あなた自身のリサーチに不安があるなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。あなたに変わってリサーチしたうえで、最適な飲食店を紹介してくれます。

\ 飲食業界の評判No. 1の転職エージェント /

40代の料理人でも安全に転職できます!

40代の料理人でも安全に転職できます!
40代 料理人の転職まとめ
  • 転職の苦労は覚悟しておく
  • 転職で年収を上げることは可能
  • 転職活動に不安があるなら転職エージェントを使う

この記事では、40代の料理人が転職で苦労する理由と成功させるコツを紹介しました。結論として、正しい転職方法を知っていれば安全に転職できます。

転職前後の苦労を知らないままだと、いざ直面したときに挫折します。好条件の飲食店があっても、挫折しては転職できません。

40代からの転職を成功させたいなら、あなた自身を知ることは重要です。転職の理由や、あなたの強みを明確にしてください。

転職活動への不安があれば、転職エージェントを使うとよいでしょう。完全無料で転職サポートが受けられます。

特に、料理人に特化したフーズラボはおすすめです。業界No. 1の実績があるので、使わないともったいないです。

\ 【完全無料】飲食業界No. 1の転職エージェント /

参考になったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
お品書き