【30代の未経験】料理人へ転職する際の業界事情と3つの心構え

悩める男性

なんとなく会社員として働いてきたけど、以前からやりたかった料理人に転職したいな。
でも30代の未経験から料理人に転職できるのかな?

会社員としてのやりがいを感じられず、未経験から料理人に憧れる30代は多いです。しかし、これまで料理人として働いたことがないと、採用してくれる飲食店があるのか不安ですよね。

実は、30代未経験者でも料理人へ転職することは可能です。

とはいえ、料理人ならではの心構えがないと、すぐに挫折して退職することもありえます。

この記事では、30代未経験から料理人へ転職する際の事情と心構えを紹介します。転職前にチェックしておくことで、挫折することなく料理人になれますよ。

料理人のコンパス権威性
@ireiblog
お品書き

30代未経験から料理人になれるの?

30代未経験から料理人になれるの?

30代未経験から料理人になる際の、転職事情について紹介します。

30代未経験者でも料理人への就職は可能

30代未経験者でも料理人に転職することは可能です。飲食業界は圧倒的に人手不足だから。

過去に勤務した5つの飲食店では、例外なく求人募集をしていました。事業の拡大だけでなく、既存スタッフの後継者を育てるためにも新規採用は必要です。

あなたが住んでいる地域の求人誌をみてください。飲食店の求人情報が目立つでしょう。

求人募集のほとんどが「経験不問」と書かれているので未経験でも採用してもらえます。料理人に必要なのは、仕事への熱意と忍耐力です。

休みや給料などが好条件な求人は未経験者採用は難しいです。「経験不問」は見習いとしての採用です。

30代未経験でも正社員雇用あり

飲食店によっては、30代未経験者でも正社員雇用されることがあります。

正社員になりたいなら大企業や大型ホテルなどは狙い目です。企業としても正社員を多く雇用することでメリットがあります。

企業が正社員雇用するメリットは、定職率の向上と社会的な信用が関係しています。会社の存続や拡大のために、多くの正社員を雇用する企業は多いです。

しかし飲食業界全体としては、正社員雇用をしている飲食店は多くありません。中小規模の飲食店だと人件費を抑えるためにアルバイト採用からスタートが多いです。

低賃金のアルバイト採用をして、ひと通り仕事を覚えたら正社員雇用する飲食店が多いです。本当に正社員雇用への切り替えができるかは、採用面接の際に確認しておくといいでしょう。

>> 「【アルバイト面接の攻略法】飲食店に採用される3つの事前準備」

20代の未経験に比べると、30代未経験者の採用確率は低くなります。面接でしっかりとアピールしてください。

30代未経験だと給料は低い

30代未経験でも転職はできますが高給料は期待できません。スキルがない見習い料理人に高い給料を支払う飲食店はないからです。

職人仕事の料理人は実力主義です。未経験の見習いに任せられる仕事は、高卒の見習い料理人と大差ありません。

30代の未経験者だと若い見習いよりも効率的にスキルを磨く必要があります。若い世代と同じペースで学んでいると、活力と勢いのある若手には追いつけません。

仕事を覚えていけば昇給も可能なので、長期的に考えて転職を検討してください。

>> 「料理人の平均年収とは?年代と地域ごとの相場をまとめて紹介」

30代未経験者が料理人になるための心構え

30代未経験者が料理人になるための心構え
30代未経験から料理人になるための心構え
  • 挑戦する意欲。
  • 過去のプライドは捨てる。
  • 効率を上げることを意識する。

30代の未経験者から料理人になるに必要な心構えを3つ紹介します。転職活動をする前に最低限として抑えておきましょう。

30代未経験から料理人になる心構え① 挑戦する意欲

30代未経験から料理人になるなら、新しいことへ挑戦する意欲は欠かせません。未経験から転職すると、常に新しい仕事に取り組むことになるからです。

雑用→仕込み→調理 と一連の仕事を覚えても、季節ごとにメニューが変わったり、お客様のニーズや時代に合わせて料理を変えることもあります。

飲食店にもよりますが、基本のメニュー以外にも季節のメニューを取り扱います。その日の仕入れで日替わりメニューを提供したり、売り上げUPのために新メニュー開発することもあります。

年齢を重ねると、新しい挑戦を避けがちです。しかし30代未経験から料理人になるなら、積極的に挑戦していかないといけません。挑戦する意欲がなければ成長できません。

30代未経験から料理人になる心構え② プライドを捨てる

30代の未経験から料理人になるなら過去のプライドは捨てましょう。見習い料理人のプライドは仕事の邪魔になるからです。

先輩料理人からの指示はすべて受け入れるのが基本です。仕事ができない見習いの意見は通りません。

前職で管理職を務めていても、料理人としては見習いです。過去に若手を指導したことがあっても業界が異なれば立場も違うと認識しましょう。

30代未経験なら年下の先輩に指示されることもあります。反論や抵抗をしていると仕事を任せてもらえなくなります。

余計なプライドは捨てて、先輩の指示には従えるように意識しましょう。

30代未経験から料理人になる心構え③ 効率アップを意識

30代未経験から料理人になるなら、効率よくスキルアップすることを意識しましょう。30代の未経験は圧倒的にスタートが遅れているからです。

スタートが遅いと、同じことをしても先輩たちに追いつけません。少しでも効率よくスキルを磨けるように意識する必要があります。

  • 自宅で料理を作る
  • 料理関係の本を読む
  • 他店の料理を食べて学ぶ

仕事中も先輩料理人に仕事のコツを聞くのも効果的です。「どうしたら早く技術を身につけるか」を常に考えてください。

毎日少しずつでも効率アップを意識できれば、早く成長ができます。

30代未経験者が気になる料理人の実態

30代未経験者が気になる料理人の実態

30代未経験から料理人を目指すと、現場の実態が気になるでしょう。僕が実際の現場で気づいたことを3点紹介します。

30代未経験が気になる料理人の実態
  • 昔ほど厳しくない。
  • 未経験からの転職は多い。
  • 30代での転職も少なくない。

複数の飲食店に共通しているので、業界全体として上記の通りになります。

料理人の実態① 昔ほど厳しくない

ひと昔前の料理人の職場環境は以下の通りです。

  • 仕事は教えてもらえない
  • 口より手や足が出る
  • 休日出勤が当たり前

近年ではこのような厳しい環境は改善されています。過酷な環境だと見習い料理人がすぐに退職するからです。実際に料理人の離職率の高さは問題視されています。

見習い料理人が育たないと、先輩料理人は次のステップに進めません。早く仕事を覚えてもらうために丁寧に教えてくれます。

暴力や休日出勤は労働基準や労働組合などが改善に勤めています。

すべての飲食店で改善されている訳ではありません。転職前に確認しておきましょう。

料理人の実態② 未経験からの転職は多い

未経験から料理人に転職するのは難しくありません。人手不足な飲食店は採用率が高いです。

料理人に転職する理由は以下の通りです。

  • 仕事へのやりがいを求めたい
  • 手に職をつけたい
  • 独立開業したい

これまで勤めていた会社で、仕事へのやりがいを感じることができない人や、手に職をつけて独立したい人などが多いです。

とはいえ、料理人はすぐに一人前になれないので、日々の修行と学習が不可欠です。

料理人の実態③ 30代からの転職も少なくない

30代の未経験から、料理人に転職する人は少なくないです。社会経験を積んだうえで料理人に興味を持つ人がいます。

高校や大学を卒業するときは視野が狭いので、目の前の求人や目立つ仕事にしか興味を持てません。社会人になると、これまで知らなかった仕事の魅力に気づくことができます。

さまざまな仕事の存在を知ったうえで、料理人を目指す人は少なくないのです。

30代の未経験でも料理人に転職できる!

30代の未経験でも料理人に転職できる!

この記事では、30代の未経験が料理人に転職する際の業界事情と心構えについて紹介しました。

30代未経験が料理人に転職できる
  • 飲食業界は人材不足なので転職可能。
  • 転職直後の「低給料」を受け入れる。
  • 年下の先輩の指示を受け入れる。
  • 労働環境と条件は改善されている。
  • 効率的にスキルアップを目指すべき。

年齢を気にせずに意欲的に学べるなら、30代から料理人に転職できます。これまでの実績に固執せずに、新しい環境に適用することが重要です。

30代だとスタートが遅れているので、いかに効率よくスキルアップを目指すかが肝心です。一歩先の先輩に追いつく意識を常に持つことで、成長速度を上げることができます。

仕事中はもちろん、プライベートでの学びを意識するのもおすすめです。オイシックスなどの食材宅配サービスでレシピを学ぶのもいいでしょう。

オイシックスの活用方法は「見習い料理人はオイシックスを試してみよう!【スキルの幅が広がる】」を参考にしてみてください。

30代からでも料理人になれます。挑戦する意欲があるなら、ぜひ料理人になってください!応援しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お品書き
閉じる