料理人に向いている人の5つの性格とは?チェックリストを紹介

料理人に向いている人の5つの性格とは?チェックリストを紹介
悩める男性

料理人になりたいけど、僕が料理人に向いているのか気になるな〜。

料理人になりたいなら、働きはじめる前に適正をチェックすることをおすすめします。

なぜなら、料理人に向いているかをチェックするだけで、就職のミスマッチを避けることができるから。

実際の現場でも、自分の適正を理解せずに働きはじめて、すぐに退職する人ばかりです。

そこでこの記事では、料理人に向いている人の性格を紹介します。

料理人を目指している人はもちろん、すでに修行している見習い料理人も、どれくらい当てはまるのかチェックしてみてください。

料理人のコンパス権威性
@ireiblog

お品書き

料理人に向いている人の5つの性格とは?

料理人に向いている人の5つの性格とは?
料理人に向いている人の性格
  • 真面目な性格。
  • 忍耐力がある。
  • サプライズが好き。
  • 味覚が優れている。
  • 目標と向上心がある。

料理人に向いている人の性格を5つ紹介します。

これらの項目に当てはまっているあなたは、料理人に向いているので自信を持ってください。

料理人に向いている人① 真面目な性格

真面目は料理人に向いている
  • 食材の正しい取り扱いを守るので、素材の良さを活かせる。
  • 包丁の基礎技術を身に付けて、調理に活かせる。
  • 指導されたことを素直に改善できる。

真面目な人は、料理人に向いています。

料理人の業界には、守るべきルールがたくさんあるから。

食材を扱う料理人としてのルールはもちろん、飲食店ごとに独自のルールが設定されている場合もあるので、真面目でないと仕事を任せてもらえないです。

イレイ

ちなみに、創作料理を出している料理人も、基本のルールを熟知したうえで個性を出しているから真面目さは必要なんだよ。

料理人に向いている人② 忍耐力がある

料理人には忍耐力が必要
  • 下積み期間が長い。
  • 1日の労働時間が長い。
  • 先輩料理人の指導が厳しい。

忍耐力がある人は料理人に向いています。

料理人は厳しい仕事なので、忍耐力がないと続けられないからです。

見習いとして一生懸命働いても、周りに認めてもらうまでには長い期間がかかります。

1日の労働時間が長いのに、先輩の指導が厳しくなると辞めてしまう見習いも珍しくないです。

忍耐力があれば、その程度の試練は「修行」だと捉えて学び続けることができるので、立派な料理人になれます。

イレイ

ベタだけど、とりあえず3ヶ月続けるまではキツイよ。なかには初出勤の翌日には辞めている人もいたよ。

料理人に向いている人③ サプライズが好き

料理人に向いている人③ サプライズが好き

人を喜ばせること(サプライズ)が好きな性格は、料理人に向いています。

食べる相手への思いやりが重要だからです。

「料理で人を喜ばせたい」という気持ちは、料理人として最高のモチベーションになります。

サプライズは、相手への思いやりの強さが表れます。

思いやりが欠けていると、相手のことを考えない”自分勝手な料理”になるので注意

一流の料理人になるためには、常に相手への思いやりを持ちましょう。

イレイ

食べる人の笑顔をイメージして料理をすると、モチベーションが上がりますよ。

料理人に向いている人④ 味覚が優れている

味覚が優れている人は料理人に向いています。

食材や料理の味を覚えることが重要だから。

味を知らないと出来上がりの料理をイメージすることが困難です。

あらゆる料理の味を知っていれば、再現することはもちろん、応用して活かすこともできます。

イレイ

味覚はトレーニングで鍛えることができるけど、もともと優れている人は圧倒的に有利だよ。幼い頃からいろんな味に出会うことで刺激されるね。

食べ歩きや食材宅配サービスを使って、いろんな食材や料理に関わりを持ちましょう。

料理人に向いている人⑤ 目標や向上心がある

料理人の目標の例
  • 一人前の料理人になる。
  • 働いている飲食店の料理長になる。
  • 独立して自分の飲食店をオープンする。

目標や向上心がある人は、料理人に向いています。

実際の現場でも、明確な目標を持っている料理人の成長は早いです。

目標を達成するために何をしたら良いのかを考えながら修行をしているので、なんとなく働いている料理人よりも活躍します。

明確な目標が見つからないなら、「尊敬する料理長や先輩のようになりたい」でも良いでしょう。

目標の大きさではなく、目標があることが重要です。

イレイ

大きな目標でなくても、「どんな料理人になりたいか」が明確にしていると良いね。

料理人に向いている人もさらに努力をすべき

料理人に向いている人もさらに努力をすべき
料理人に向いている人も努力が必要
  • 向いているのはスタートが有利なだけ。
  • 向いていない人の追い上げは侮れない。
  • もっとも料理人に向いているのは努力の基準値が高い人。

料理人に向いている人の特徴を紹介しましたが、実際は努力でどうにでもなります。

優先的に鍛えるべきポイントを3つ紹介します。

向いている人はスタートが有利なだけ

料理人に向いている人の特徴を紹介しましたが、向いているというのは、スタートが有利なだけです。

とはいえ、向いている人は成長が早いので先輩料理人からも注目されます。

その勢いのまま仕事を任せられたり、出世するチャンスがあるので、しっかりと生かせるようにしましょう。

向いていない人の追い上げは侮れない

料理人に向いている人は成長が早い反面、油断していると他の見習い料理人に先を越されることがあります。

向いていない料理人が実力を認めると、ものすごい勢いで努力を重ねて成長するからです。

マラソンをイメージするとわかりやすいですが、先頭で追われる側よりも、後ろから追いかける側の方が努力をします。

気がつくと差がなくなり、追い越されることもあるので、料理人に向いているからといって努力を怠ってはいけません。

料理人に向いているのは努力の基準値が高い人

先ほど、料理人に向いている人の特徴をあげましたが、もっとも料理人に向いているのは「努力の基準値が高い人」です。

努力の基準値が高い人は、周りが「努力」と思えることを当たり前にこなすから。

そんな感覚の人が努力を重ねれば、確実に腕が上がります。

たとえ料理人としての技術がなくても、基準値の高い努力を積み重ねることで、一流の料理人になります。

イレイ

スポーツの世界で見ても、元メジャーリーガーのイチロー氏や、元サッカー日本代表の中田英寿氏も、努力の基準値が圧倒的に高いことで有名だよね。

思考と努力で料理人に向いている人になれる

思考と努力で料理人に向いている人になれる
料理人に向いている人とは?
  • 料理人に向いている考え方や捉え方がある。
  • 向いている人はスタートが早いだけ。
  • 努力しだいで一流の料理人になれる。

この記事では、料理人に向いている人の特徴を5つ紹介しました。

結論として、料理人に向いている人には共通する「考え方」と「捉え方」があります。

真面目さや忍耐力は、「料理人になりたい」という意思が強ければ身につけることが可能です。

味覚や技術は努力しだいでいくらでも身につけることができます。

つまり、生まれ持っての才能は、料理人にとってはそれほど重要ではないのです。

とはいえ向いている人は、料理人としてのスタートが有利になるのも事実なので、同僚や後輩に追いつかれないように努力を重ねる必要があります。

もともと料理人に向いている人が努力をし続ければ、一流の料理人になれますよ。

料理人に向いている人の5つの性格とは?チェックリストを紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お品書き
閉じる