料理人&調理師におすすめの転職エージェント「フーズラボ」を徹底解説!

料理人として成長したいなら東京で働くのがおすすめな5つの理由

料理人として成長したいなら東京で働くのがおすすめな5つの理由
悩める男性

一流の料理人になりたいけど、東京で働いた方がいいのかな?

このような疑問にお答えします。

一流の料理人を目指しているなら、誰しも一度は「東京で修行した方がいいのかな?」と疑問を抱きますよね。結論として、東京で働いた方がメリットが大きいです。

僕は東京と神奈川、沖縄で合計8年間(神奈川2年、東京2年、沖縄4年)料理人をしていました。いま振り返っても東京で勤務した2年間が他県で勤務した6年より濃厚でした。

東京で働いたことで、料理人としての視野や考え方が広がりました。技術的にも大きな成長を感じているので、東京でやってよかったです。

この記事では実体験を踏まえたうえで、東京で料理人をした方がよい5つの理由を紹介します。どうやって東京で料理人をするのか困っている人向けの解決策も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事がおすすめな人
  • 地方で働く料理人
  • 上京を検討している料理人
料理人のコンパス権威性

\ 【完全無料】あなたに最適な東京の飲食店がみつかる! /

お品書き

料理人が東京で働くのがおすすめな5つの理由

料理人が東京で働くのがおすすめな5つの理由
料理人が東京で働く理由
  1. 仕事の選択肢が多い
  2. 地方より給料が高い
  3. 料理人の基準が上がる
  4. 学べる環境が整っている
  5. 就職や転職のサポートが充実

料理人には、地方より東京があっています。料理人として成長したいなら、東京で働くのがおすすめな理由を5つ紹介します。

料理人が東京で働いた方がよい理由① 仕事の選択肢が多い

地方より東京の方が仕事の選択肢が多いです。事前の情報収集さえできれば、あなたの理想の飲食店が見つかります。

「都道府県格付研究所」の発表によると、都道府県別の飲食店舗数1位は東京(80,342事業所)です。2位の大阪が51,230事業所なので、東京の飲食店舗数が圧倒的に多いことがわかります。

就職候補の飲食店が少ないと、妥協しなければいけない部分が多くなります。選択肢が多ければ、妥協せずに飲食店探しができます。

東京には日本全国だけでなく、海外からも人が集まります。人口も多いので、仕事も集まりやすいです。

料理人が東京で働いた方がよい理由② 地方より給料が高い

料理人が東京で働いた方がよい理由は、地方より給料が高いからです。給料が高ければ私生活も充実します。

給料が引くと住む場所や、食べるものの我慢が増えます。ストレスが溜まると、仕事へ集中ができずに悪影響です。

厚生労働省の「地域別最低賃金の全国一覧」によると、東京の最低賃金が1,041円で全国1位です。地方の最低賃金は820円台なので、東京200円以上の差があります。

都道府県別の平均年収ランキングでも、東京都が584万円で全国1位です。最下位の沖縄が367万円なので、200万円以上の差があります。

統計データをみると、東京の給料が高いことは明らかです。地方になればなるほど、最低賃金も平均年収も低くなります。

イレイ

業種がおなじでも、働く場所によって給料に格差があります。

料理人が東京で働いた方がよい理由③ 料理人の基準が上がる

料理人が東京で働いた方がよい理由③ 料理人の基準が上がる

東京で料理人をすると、仕事の ”当たり前” の基準が高くなります。「よりよい料理を提供するため」や「よりお客様に満足してもらうため」を常に考えるからです。

料理人の基準が低いと、飲食店を存続できません。

  • 飲食業界の競争が激しい・・・競合の飲食店が多い
  • お客様の要求が高い・・・満足できなければリピートなし

仕事の ”当たり前” の基準が高くないと、お客様を競合の飲食店に取られてしまいます。リピーターがつかない飲食店は経営がうまくいかず廃業します。

料理人の “当たり前” 基準は、日々の仕事への意識で上がります。東京で料理人をするのは、基準を上げるうえで最適です。

江戸前寿司をはじめとする和食のほとんどは東京が本場なので、妥協のない真剣勝負が行われています。

料理人が東京で働いた方がよい理由④ 学べる環境が整っている

東京には、料理人が学ぶための環境が整っています。地方の料理人が同じ学びを得るのは困難です。

  • 豊洲市場で食材の仕入れができる
  • 有名店が多い

豊洲市場は日本を代表する市場です。全国から厳選された食材に触れることで、知識や目利きが養われます。

東京には老舗や名店がたくさんあります。電車などの交通網も充実しているので、予約さえ取れれば簡単に ”名店の味” を体験できます。

地方の料理人でも東京に行けば学べますが、ひんぱんに東京へ行くのは大変でしょう。学びに最適な環境が整っているのは大きなメリットです。

料理人が東京で働いた方がよい理由⑤ 就職や転職サポートが充実

東京は料理人の就職・転職サポートが充実しています。他の都道府県に比べて、求職者と飲食店舗数が多いからです。

転職サイトや転職エージェントの登録企業をみても、東京都が圧倒的に多いです。

飲食業界のアルバイトをサポートしている「ペコリッチ」など、東京都に限定しているサービスも多いです。東京を拠点にするだけで、就職や転職サポートが受けやすくなります。

転職サポートサービスは無料で利用できます。転職成功しても費用を支払う必要はないので、使わないともったいないです。

\ 東京限定のアルバイトサポート /

\ 飲食業界No1の転職サポート /

東京で料理人として働く3つの方法

東京で料理人として働く3つの方法
東京で料理人をする方法
  1. 新卒で上京する
  2. 知り合いに紹介してもらう
  3. 転職エージェントを利用する

東京で料理人をした方がよいのがわかっても、なかなかキッカケがない人もいるでしょう。東京で料理人をするための方法を3つ紹介します。あなたにもできるので、ぜひ参考にしてみてください。

東京で料理人になる方法① 新卒で上京する

東京で料理人になるためにもっともシンプルなのが、新卒で東京の飲食店に就職することです。高校や専門学校卒業後の進路として、東京の飲食店を調べてみましょう。

学校には大手企業や安定している飲食店の求人情報が集まりやすいです。不安定な企業の求人を応援する教師はいないからです。

新卒採用の実績があれば、学校と企業に信頼関係ができてることもあります。1から自分で調べるより、安心して就職活動ができます。

企業は新卒で採用した人が安全に上京できるように、サポートしてくれます。生活面でもサポートしてくれる企業も多いので、なるべく新卒で上京するのがおすすめです。

東京で料理人になる方法② 知り合いに紹介してもらう

東京の飲食店とつながりのある知り合いがいれば、紹介してもらいましょう。紹介してもらえれば、採用される確率は高くなるからです。

飲食店とその知り合いとの間に信頼関係があれば、企業は採用を前提として話を聞いてくれます。まったく知らない求職者を採用するよりリスクが低いからです。

東京の飲食店とつながりのある知り合い側から、あなたに紹介を提案することはありません。下記に当てはまる知り合いがいれば、あなたから積極的に相談してください。

  • 東京の飲食店で働いている人
  • 東京の飲食店で働いていた人
  • 本社が東京にある飲食店で働いている人

家族や親戚、友人のなかに当てはまる人がいないかチェックしてみましょう。

東京で料理人になる方法③ 転職エージェントを利用する

新卒でもなく、紹介してくれる知り合いもいないなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職のプロがあなたの転職をサポートしてくれます。

転職エージェントを利用すると、あなたの転職をサポートする担当者がつきます。あなたの要望や能力などを把握したうえで、最適な転職先を提案してくれます。

要望とあわせて、希望の勤務地が「東京」だと伝えてください。東京都内の飲食店から候補を探してくれるので安心です。

転職エージェントは登録から利用まですべて無料です。利用せずに転職活動をするのはもったいないです。

料理人として腕を磨くなら東京で働かないともったいない!

料理人として腕を磨くなら東京で働かないともったいない!
料理人は東京で働いたほうがよい
  • 選択肢が広くて給料が高い
  • 競争が激しくて成長できる
  • 転職エージェントなら無料で転職できる

この記事では、料理人の腕を磨くために東京で働いた方がよい理由とその方法を紹介しました。結論としては、地方よりも東京の方があらゆる面でメリットがあるからです。

環境が整っていると、おなじ期間でも成長スピードがまったく異なります。東京なら1年で経験できることでも、地方ではいつまでも経験できないことも多いです。

「なんとなく料理人をして生活できればよい」なら地方のままで問題ありません。ただ、料理人として成長したいなら東京へ行かなきゃもったいないです。

いまなら転職エージェントを利用すれば、安心して転職サポートを受けられます。無料なので進路相談として登録しても損しませんね。

\ 【完全無料】飲食業界No1の転職エージェント /

参考になったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
お品書き