料理人を辞めたい理由5つを公開【結論:キツいなら辞めてもOK】

料理人を辞めたい理由5つを公開【結論:キツいなら辞めてもOK】
悩める料理人

せっかく頑張っているのに料理人を辞めてしまう先輩が多い気がするな。なんでこんなに辞めてしまうんだろう?

「一流料理人の姿に憧れて・・・」「自分のお店を持ちたい・・・」という熱い気持ちで料理人になる人は多いですが、辞めていく料理人もたくさんいます。料理人は全業種のなかでもっとも離職率が高いです。

厚生労働省が発表した「新規学卒就職者の離職状況を公表します」によると、新卒入社から3年以内の離職率がもっとも高いのが “宿泊業・飲食サービス業” です。高卒の61.1%、大卒では51.5%が3年以内に退職しています。

発表データを見てわかるように、新卒入社から3年以上働き続ける料理人は半数以下です。実際の現場でも、入社から3年未満で退職する料理人はたくさんいます。

この記事では、夢や目標がありながらも辞めてしまう料理人が多い理由を5つ紹介します。料理人がぶつかる壁を知っておくと心構えができます。

また、悩んでいる同僚や後輩の気持ちに寄り添ったアドバイスができるようになるでしょう。ぜひ参考にしてください。

料理人のコンパス権威性
@ireiblog
お品書き

料理人を辞めたい5つの理由とは?【実話をもとに紹介】

料理人を辞めたい5つの理由とは?

見習い料理人として修行を始めるときは、誰でも夢や目標を持ってギラギラしています。しかし実際に働き続けていると、さまざまな理由で退職してしまう料理人はたくさんいます。

たくさんの先輩や後輩が退職していくのを間近でみてきました。料理人を辞める理由はおもに以下の5つです。

料理人を辞めたい理由
  • 労働時間が長すぎてツライ
  • 給料が低すぎてキツい
  • 職場環境が悪い
  • プライベートな時間がない
  • 将来の夢が見えなくなる

料理人が辞めたいと思う理由を知っておくと、周りで悩みを抱えている同僚に寄り添ったり、あなた自身の挫折を回避することができます。当てはまる点がないか確認しておきましょう。

料理人を辞めたい理由① 労働時間が長すぎてツライ

料理人がやめるイメージで真っ先に思い浮かぶのは、長時間労働がツライことです。料理人は世間のイメージ通り、とても厳しい労働条件で働く必要があります。

  • 朝が早い
  • 休憩時間がない
  • 仕事が終わるのは夜遅い

業種や業態、お店のジャンルによって異なりますが、ほとんどの料理人は上記の3つが当てまります。

料理人の世界では「1日8時間労働」は期待できません。かなりブラックな心構えですが、アルバイトやパートでない限り、10時間労働は覚悟しておくと良いでしょう。

近年は改善されつつありますが、いまだにブラックな飲食店は残っています。「見習いは仕事を教えてもらっている=長時間労働が当たり前」という飲食店は珍しくないです。

就職する前に下見ができるなら、料理や店内の様子だけでなく料理人の顔色をチェックしてください。過酷な労働なら顔色に出るのでわかりやすいです。

夢や目標が明確なら長時間労働でも耐えられる場合があります。しかし無理が重なり体を壊したり、気持ちが切れて退職する料理人は多いです。

イレイ

真面目な料理人ほど無理をして体を壊しやすいので注意してください

料理人を辞めたい理由② 給料が低すぎてキツい

見習い料理人の辞めたくなる理由で多いのが、給料が低すぎることです。夢や目標のためとはいえ、生活に支障が出るならと別の道を探す人がいます。

  • 手取りがバイト並み
  • サービス残業ばかり
  • 時給換算すると激安

朝早くから夜遅くまで一生懸命働いているのに、手取りがバイト並みなんてことも珍しくないです。そこから家賃や光熱費、食費などの生活費がかかるのでキツいです。

>> 料理人の平均年収とは?年代と地域ごとの相場をまとめて紹介

将来の独立を夢見て貯金をしたくても、安い給料だとぜんぜん貯まりません。

以下のような料理人の勉強をするにもお金はかかります。スキルアップをしながらお金を貯めるのは不可能です。

  • 食べ歩き(料理の知見を広げ、味を知る)
  • 書籍を読む(飲食店のメニュー以外を学ぶ)
  • サービスを受ける(敷居の高いお店で接客を受ける)

どれもお金がないと高いレベルの学びを得ることはできません。なかには奨学金などの返済が必要な料理人もいます。

コスパ良く料理人としての勉強をしたい人におすすめの記事をまとめました。

料理人を辞めたい理由③ 職場環境が悪い

料理人を辞めたい理由③ 職場環境が悪い

職場環境が悪いと、辞めていく料理人が増えます。従業員が心地よく働き、売上を増やすためにも、職場環境の整備は欠かせません。

特に以下に当てはまる飲食店は要注意です。

  • 先輩からのいじめやパワハラがある
  • 人間関係が悪い
  • 退職させない

先輩からのパワハラを受けていたり、職場内で派閥ができているとストレスが溜まります。職場環境が悪いままだと、仕事のことを考えただけで拒絶反応が出てしまうでしょう。

>> 料理人がパワハラをする3つの理由とは?被害にあった対処方法を紹介

社長や店長に相談しても解決できないなら、退職するのはアリです。他の飲食店で料理人を続けることをおすすめします。

飲食店によっては退職届を受け入れてくれないことがあります。人手不足が深刻で、退職者が出ると営業に影響が出るからです。

どうしても退職を受け入れてくれない場合は欠勤をしたり、退職代行を使うと安全です。

退職代行とは、あなたに代わって会社と連絡を取り合い、退職手続きを進めるサービスです。退職の手間やトラブルを防ぐために人気があります。

雇用してくれている飲食店に恩を感じて我慢するのはおすすめできません。あなたの料理人人生がかかっているので、あなたにとって最適な判断をしてください。

※会社とのやりとり不要ですぐ退職可能
※会社への連絡はすべて担当が代行
※LINE利用で連絡が簡単♪

料理人を辞めたい理由④ プライベートな時間がない

プライベートな時間がなくて料理人を辞めたい人も多いです。朝早くから夜遅くまでの長時間労働とプライベートを両立させるのは困難です。

料理人にありがちなプライベートに支障が出る状況は以下の3つです。

  • 労働時間が長い
  • 休日出勤がある
  • 有給や希望休が取れない

経営に余裕がある飲食店以外は、ほとんどが当てはまるでしょう。業界としても暗黙の了解のような雰囲気があります。

特に見習い料理人は休み希望などを言い出しにくい職場が多いです。飲食店によって状況が異なるので、身近な先輩料理人に相談してください。

料理人を辞めたい理由⑤ 将来の夢が見えなくなる

大きな目標を持っている料理人になっても、将来の夢が見えなくなることがあります。すると将来への不安や焦りが出て、料理人を辞めていきます。

将来の夢が見えなくなるおもな理由は以下の3つです。

  • 体調や体を壊す。
  • 開業資金が貯まらない。
  • 先輩の背中を見て不安になる。

ストレスや病気で味覚や嗅覚に支障が出ることがります。高いレベルで料理人を続けることは不可能です。

給料の低さが原因で、独立開業の夢が見えずに不安になることもあります。昇給制度が不明確な飲食店なら、少しでも評価してくれる他店へ移ることも考えた方がいいです。

都市部から地方へ移った料理人に多いのが、先輩の背中を見て不安になることです。都市部と地方では強豪への意識がまったく異なります。仕事への姿勢のギャップで将来が不安になる料理人も少なくないです。

地方の飲食店は、料理の妥協点が低くなりがちです。「時間」や「売上」に対する意識も低く、経営面での学びは期待できません。就職先選びは慎重にしてください。

もちろん中には、地方でも高いレベルでサービスを提供している飲食店もいます。地域全体の割合として大きな差があるということです。

将来の夢を明確に持ち続けないと、叶えることは難しいです。

料理人を辞める前のチェックポイント

料理人を辞める前のチェックポイント

料理人を辞めたいと思う理由を紹介してきましたが、辞めてしまっていいのか決断ができない人もいるでしょう。退職前にチェックしておくべきポイントを紹介します。

現職で得られることを考える

料理人を辞める前に、現職で得られることを考えてください。辞めた後に「もっと〇〇していれば良かった」と後悔を防ぐことができます。

  • 学びたいことはないか
  • やってみたいことはないか

飲食店のジャンル(和食・洋食・中華)によっても学べることは異なります。今後も別の飲食店で料理人を続けるなら、少しでも現職のノウハウを盗むのはおすすめです。

レシピを盗もう!
僕は退職前にすべてのレシピをノートに書き込みました。その飲食店ならではの食材の扱い方や料理をいつでも作れるようにレシピを学ぶのは重要です。レシピは料理人にとっての財産です。

また、現職でやってみたいことがあれば、積極的に挑戦してみましょう。その飲食店だからこそできることはあるはずです。

現職でできることが思いつかなければOKです。

将来を改めて考え直す

料理人を退職するときは、将来を改めて考え直してください。

  • 料理人を続けるのか?
  • 異業種へ転職するのか?

どちらも今の飲食店を辞めた後に重要な選択です。

料理人に未練があるなら、別の飲食店に移って料理人をしてください。職場が変われば気持ちも変わります。飲食店を変えて一気にスキルアップした料理人は多いです。

>> 料理人の転職エージェント「フーズラボ」の特徴と評判・口コミまとめ

今の飲食店で心が折れて、料理人への未練がなければ異業種へ転職もOKです。別の道に行くなら早い方がいいので、後悔のない選択をしてください。

関係ないように見えても、実は料理人の経験が活きる仕事はたくさんあります。

  • 飲食系のITサービス業
  • 食品メーカー
  • メニュー開発

あなた自身にどんな仕事が向いているかを判断するために、転職エージェントを利用する人も多いです。転職のプロがあなたにマッチした仕事を紹介し、無料で転職をサポートしてくれます。

>> 未経験職種への転職なら【アーシャルデザイン】

選択を後悔しない

料理人を辞める前に必ず、選択を後悔しないかをチェックしてください。

  • その場の感情だけで退職はNG
  • 本当に辞めて後悔しないか

人間関係のトラブルや仕事のミスなど、その場の感情だけで退職を選ばないでください。衝動的な行動は絶対に後悔します。

料理人を辞めたくなったら一度落ち着いて、「本当に辞めて後悔しないか?」と考えてください。

冷静に考えた上で料理人を辞めるという決断になったら問題ありません。あなた自身の選択を信じて突き進みましょう。

料理人がキツいなら辞めてもいい

料理人がキツいなら辞めてもいい
料理人を辞めたい理由
  • 労働時間が長すぎてツライ
  • 給料が低すぎてキツい
  • 職場環境が悪い
  • プライベートな時間がない
  • 将来の夢が見えなくなる

この記事では、料理人を辞めたい理由を5つ紹介しました。料理人が退職するとき、いずれかの理由に該当するはずです。

どれも実際の現場で見た退職者の状況なので、リアルな情報をお届けできたと思います。

ひと昔前なら「キツくても辞めるな!」と言われていたでしょう。しかし近年では「辞める」も立派な選択肢です。

飲食店はたくさんあります。限界ギリギリまで我慢するより、あなたに適した飲食店で料理人として働く方が効率よく成長できます。

料理人を続けたければ別の飲食店で修行したらOKです。もしも料理人という仕事が嫌いになったら、他業種に転職するのもいいでしょう。

あなたの人生は料理人になることだけではありません。人生の選択肢に「料理人」という仕事があることを忘れないでください。

一人で抱え込まずに、利用できるサービスを活用するのも賢い選択肢ですよ。

※会社とのやりとり不要ですぐ退職可能
※会社への連絡はすべて担当が代行
※LINE利用で連絡が簡単♪

※担当者があなたの適職を提案
※苦手な面接対策もバッチリ
※無料で利用可能

※飲食業界に特化した転職エージェント
※関東と関西の求人多数
※無料で利用可能

料理人を辞めたい理由5つを公開【結論:キツいなら辞めてもOK】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お品書き
閉じる