寿司屋で使われる隠語とは?見習い料理人が覚えておきたい業界用語

悩める料理人

寿司屋の見習いになったけど、先輩たちの話す隠語が多くて何のことかわからないな。
用語集としてまとめて知りたいな。

寿司屋の見習いとして働くと、従業員同士で使われる隠語が気になることがあるでしょう。

お客様なら隠語の意味を知る必要はありませんが、見習いとして働いているなら、1日も早く覚える必要があります。

隠語を使う理由は、仕事上のメリットが多いからです。

この記事では、寿司屋が隠語を使う理由と、よく使われる隠語をまとめて紹介します。

ぜひ参考にしてください。

イレイ

僕が寿司屋の現場で実際に使っていた隠語を紹介します。

料理人のコンパス権威性
@ireiblog
お品書き

寿司屋が隠語を使う理由とは?

寿司屋が隠語を使う理由とは?
寿司屋が隠語を使う理由
  • 情報伝達が早い。
  • 寿司業界では共通の用語。
  • お客様に伝えたくない情報がある。

寿司屋が隠語を使う理由を3つ紹介します。

寿司屋が隠語を使う理由① 情報伝達が早い

寿司屋が隠語を使う理由は、従業員同士の情報伝達が早くなるからです。

たとえば有名な隠語である「ガリ」の場合は、「甘酢生姜を出して」と指示をするより「ガリ出して」の方が情報がすぐに伝わります。

寿司屋は従業員同士で指示を共有することが多いので、少しでも情報伝達を早くしたいのです。

寿司屋が隠語を使う理由② 寿司業界の共通用語

寿司屋が使う隠語は、その店舗だけでなく業界全体で共通しています。

そのため、別の寿司屋へ異動や転職をしたときでも、1から用語を覚える必要がありません。

隠語を覚えてしまえば、どの寿司屋でも使えるので便利です。

寿司屋が隠語を使う理由③ お客様に伝えたくない情報がある

寿司屋が隠語を使う1番の理由は、お客様に伝えたくない情報があるからです。

たとえば「アニキから出して」と指示を出した場合、この「アニキ」という隠語には、「古いネタ」という意味があります。

お客様に「古いネタから出して」と聞かれると印象が悪いですが、「アニキから出して」と隠語を聞かれても意味が伝わらなければ安心です。

このように、お客様に知られたくないことでも、隠語なら指示出しができます。

寿司屋で使われる隠語(用語)まとめ

寿司屋で使われる隠語(用語)まとめ
寿司屋で使われる隠語(用語)まとめ
  • 寿司ネタを意味する隠語
  • 寿司ネタ以外の隠語
  • 寿司屋でよく使われる隠語
  • 数を意味する寿司屋の隠語

寿司屋で使われる隠語を紹介します。

寿司ネタを意味する隠語

かっぱキュウリの細巻。カッパの好物から。
鉄火(てっか)マグロの細巻。鉄火場(賭博場)でよく食べられいたから。
玉(ぎょく)玉子のこと。「玉」の音読み。
稲荷寿司煮上げた油揚げに酢飯を詰めたもの。
ガレージシャコのこと。「車庫」からのダジャレ。
げそイカの下足。

寿司ネタを意味する隠語もあります。

日常生活にも浸透している「かっぱ」や「鉄火」も、もともとは寿司屋の隠語です。

なかには「ガレージ」のようにダジャレから生まれた隠語もあるので面白みがあります。

寿司ネタ以外の隠語

シャリすし飯。舎利と書くことから、お釈迦様の遺骨が真っ白で、ありがたいという意味を持つ仏教用語。
でばな食事の最初に出されるお茶。
あがり食事の最後に出されるお茶。
ガリ甘酢生姜。食べたときの「ガリガリ」という音から。
キヅかんぴょうのこと。京都の木津が有名な産地だから。
クサ海苔のこと。昔は浅草で取れていたから。
軍艦シャリを海苔で巻いてネタを載せた寿司。
サビ or ナミダわさびのこと。
サビ抜きわさび抜きのこと。
ヅケ醤油に漬け込んだネタ。
ムラサキ醤油のこと。色が濃い紫色をしているため。

寿司ネタ以外にも、隠語は多いです。

なかでもお茶は提供するタイミングで呼び名が異なります。

よく使われる寿司屋の隠語

貫(かん)寿司の単位。1貫=寿司2つ
おあいそお会計のこと。
エンソ従業員のまかない。塩は塩漬け(漬物)、噌は味噌汁の意味。
おまかせ寿司職人に適当に握ってもらうこと。
おこのみお客様の好きな寿司を注文すること。
アニキ古いネタのこと。反対に新しいネタは「オトウト」と呼ぶ。
オトウト新しいネタのこと。反対に古いネタは「アニキ」と呼ぶ。
ゲタ寿司を乗せる板。下駄にいているから。
つけ場寿司を作る調理場。
ヤマ在庫がないこと。寿司ネタは山にはないから。

よく使われる隠語もたくさんあります。

最近では寿司屋以外でも、食材の仕入れ時期を表す「アニキ」と「オトウト」を使う飲食店も多いです。

ちなみに「アニキ」と「オトウト」は仕入れ時期を明確にするために使っています。

「アニキ」であっても鮮度に問題はないので安心してください。

数を意味する寿司屋の隠語(読み)

1ピン
2リャン
3ゲタ
4ダリ
5メノジ
6ロンジ
7セイナン
8バンド
9キワ
10ピンマル
11ピンピン(ナラビ)
12チョンブリ
13ソクキリ
14ソクダリ
15ソクメ
16ソクロン
17ソクセイ
18ソクバン
19ソクキワ
20リャン

寿司屋で使われる数字にも、隠語があります。

お会計の際には板前から会計係のスタッフに、この隠語を組み合わせて金額を伝えます。

たとえば、3,800円なら「ゲタバン」、9,900円なら「キワナラビ」です。

寿司屋の隠語は従業員同士の用語

寿司屋の隠語は従業員同士の用語

寿司屋で使われる隠語は、従業員同士で使うための用語です。

そのため、お客様の立場で隠語を使うのは間違っています。

なかには通(ツウ)ぶって隠語を調べているお客様もいますが、寿司屋でお客様が隠語を使っても、良い目では見られません。

たとえば「おあいそ」という隠語の場合、「代金をいただくなんて、愛想がなくて申し訳ございません」とお客様にお会計を切り出す際に使用する言葉ですが、お客様が使うと不自然ですよね。

知ったかぶりをしたお客様がお会計の際に「おあいそお願いします」というと、寿司屋の従業員たちには、不思議な目で見られるでしょう。

場合によっては「愛想が尽きたため、もう来たくないです」という意味に解釈される可能性もあります。

寿司屋の隠語をお客様の立場で使うのはやめてください。

寿司屋で働くなら隠語は覚えよう!

寿司屋で働くなら隠語は覚えよう!
寿司屋の隠語まとめ
  • 情報伝達が早い。
  • お客様が使うのは不適切。
  • お客様に伝えたくない情報がある。

この記事では、寿司屋の現場で使われている隠語について紹介しました。

隠語とは、寿司屋の授業員同士がスムーズに意思を伝達するために使う用語です。

従業員としては覚えなければいけませんが、お客様が隠語を使ってはいけません。

ちなみに寿司屋以外でも、「アニキ」や「オトウト」、「ヤマ」という隠語を使う飲食店は多いです。

寿司屋で働いていなくても、見習い料理人として覚えて損はないので、チェックしておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お品書き
閉じる