見習い料理人として弟子入りする3つの方法とは?【知らないと危険】

見習い料理人として弟子入りする3つの方法とは?【知らないと危険】
悩める男性

家庭の事情で調理師学校には行けないけど、料理人として弟子入りする方法を教えて欲しいな。

調理師学校への進学が難しいからと言って、料理人になる夢を諦める人がいますがもったいないです。

実は調理師学校に通わなくても、見習いとして弟子入りすることで料理人になれます。

とはいえ、弟子入りする安全な方法を知らないと、働き始めてから後悔する可能性があるのです。

この記事では、見習い料理人として弟子入りするための方法を3つ解説します。料理人の弟子入りを考えているなら、ぜひ参考にしてください。

料理人のコンパス権威性
@ireiblog
お品書き

見習い料理人として弟子入りする3つの方法とは?

見習い料理人として弟子入りする3つの方法とは?
見習い料理人として弟子入りする方法
  • 就職サポート機関を利用する
  • 希望の飲食店へ直接相談する
  • 転職サービスを利用する

料理人として弟子入りするには、主に3つの方法があります。あなたに向いている方法がどれか確認しておきましょう。

就職サポート機関を利用する

料理人の弟子入りでもっとも多いのが、ハローワーク(公共職業安定所)などの就職サポート機関を利用することです。

ハローワークは都道府県が管理する行政機関です。求人募集中の企業の情報を確認できます。

  • 企業(飲食店)の名前や住所
  • 募集している業種と業務内容
  • 給与や休暇などの待遇面

求人情報を検索して探せるだけでなく、担当者に相談することも可能です。相談員が仲介に入ることで、企業とのやりとりがスムーズになります。

もしも高校や大学に在学中であれば、進路相談として飲食店を探すのも良いでしょう。

希望の飲食店へ直接相談する

漫画やアニメで見かける「料理人の弟子入り」といえば、飲食店への直談判でしょう。漫画やアニメだけのお話だと思われがちですが有効な手段です。

飲食店側が求人募集をしていないと相手にされませんが、店内に求人募集の張り紙があればチャンスです。

求人募集をしたくても、ハローワークや求人サイトに募集要項を掲載していない飲食店があります。掲載の手間や費用をかけたくないからです。

直接相談の場合は、事前に店内をチェックできるのもメリットです。

  • 店内外の雰囲気
  • スタッフ同士の人間関係
  • 提供する料理の味や見た目

上記の点で納得できる飲食店なら、積極的に採用の相談をしてみるとよいでしょう。

転職サービスを利用する

飲食店に弟子入りするために、転職サービスの利用もおすすめです。転職サービスはおもに「転職エージェント」と「転職サイト」にわけられます。

転職エージェントとは?
転職専門のアドバイザーが転職をサポートしてくれるサービスです。あなたに最適な飲食店の提案や、採用面接に向けた対策をしてくれます。
転職サイトとは?
転職サイトに登録されている求人情報の検索や応募ができるサービスです。利用者自身で転職活動ができます。

どちらも無料の転職サービスですが、役割が異なります。あなたにどちらが向いているかをチェックしておきましょう。

転職活動に不安があるなら転職エージェント、自信があるなら転職サイトを利用してください。飲食業界に特化している転職エージェントとして「フーズラボ・エージェント」はサポートが充実しているので安心です。

料理人に弟子入りするときの注意点

料理人に弟子入りするときの注意点
弟子入りするときの注意点
  • 弟子入りの雇用条件をチェックしておく
  • 弟子入りしたい飲食店の下見をしておく
  • 目業にあった飲食店に弟子入りする

料理人へ弟子入りするときに「弟子入りできたらOK」なんて考えていると、いざ働き始めてから後悔します。上記の3つさえ抑えておけば、安全に弟子入りできます。

弟子入りの雇用条件をチェックしておく

弟子入りする飲食店の雇用条件は必ずチェックしてください。

  • 給与
  • 雇用保険や年金
  • 雇用形態(正社員・契約社員・アルバイトなど)

上記の項目をチェックせずに採用されると後悔します。いつまでも低賃金で長時間労働をさせられる可能性があります。

ひと昔前なら、「働かせてくれるならどんな過酷な条件でもいい」という風潮がありましたが、悪条件で雇用されると体を壊して挫折する危険性が高いです。

とくに飲食店への直談判の場合は、簡単な約束事で悪条件を突きつけられることもあるので注意してください。弟子入りさせてもらう立場であっても、生活に問題がない条件で雇用してもらうことが重要です。

条件の交渉が不安なら、「フーズラボ・エージェント」などの転職エージェントを使うと担当者があなたの代わりに交渉してくれるので安心です。

イレイ

うまく交渉ができないとツライ思いをするだけなので、心配なら転職エージェントを使ってください。

弟子入りしたい飲食店の下見をしておく

弟子入りしたい飲食店を下見するときは、下記をチェックしましょう。

  • 料理人の表情に余裕はあるのか
  • 料理人とホールスタッフの関係性
  • 店内は綺麗に清掃されているか
  • お客様は料理を楽しんでいるか
  • 提供する料理メニュー

お客様の立場でチェックすることで、飲食店のリアルな状況を把握できます。

特に料理人の表情とホールスタッフの関係性は重要です。表情がキツかったり、ホールとの関係が悪いと、弟子入りしてから苦労します。

料理は注文しないメニューも見ながら、どんな料理を提供しているのかを見ておきましょう。

目標にあった飲食店に弟子入りする

あなたの目標にあった飲食店なのかは事前にチェックしてください。

  • 料理のジャンル(和食・洋食・中華)
  • 料理人としての将来(料理長・独立)
  • 憧れる先輩料理人が働いているのか

弟子は給料などの待遇がよいとは言えません。料理人としての目標がはっきりしていないなら、別の道へ進むほうがいいです。

目標を明確にすると、どの飲食店で弟子入りするかは決まります。修行が無駄にならないためにも、あなたの目標を達成するために弟子入りしてください。

見習い料理人として安全に弟子入りする方法は転職サービスを使うこと!

見習い料理人として安全に弟子入りする方法は転職サービスを使うこと!
料理人へ弟子入りする方法まとめ
  • 弟子入りは転職サービスを使うと安心
  • 直談判は条件交渉が不安ならNG
  • 将来の目標は重要

この記事では、見習い料理人として弟子入りするための3つの方法と注意点を解説しました。弟子入りする方法は3つありますが、転職エージェントを利用すると安全です。

転職エージェントは担当者がしっかりと転職活動をサポートしてくれます。あなた自身では難しい「給料」や「待遇」の交渉も可能です。

数ある転職エージェントの中でも、「フーズラボ・エージェント」飲食業界に特化しているのでサポートも充実しています。あなたの目標を達成するためにも、無理なく弟子として働ける職場を見つけてください。

無料で使える転職エージェント

見習い料理人として弟子入りする3つの方法とは?【知らないと危険】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
お品書き
閉じる